鼻は脳へのゲートウェイ<4> ~アーユルヴェーダとアロマテラピー part.4~インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』vol.57

鼻の通り道が開き、さらに奥部分に刺激が加えられることで、鼻と関連した筋肉が強化されるためだと思うのですが、鼻を自然な方法で高くしたい方は、ぜひ試してみてください。
鼻は脳へのゲートウェイ<4> ~アーユルヴェーダとアロマテラピー part.4~インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』vol.57

~健康を保つための古代ヨガの浄化テクニック・ネティクリヤ~

今回は、前回の「ナシャ」に引き続き、鼻を通じて脳を活性化させるテクニックの二つ目、「ネティクリヤ」についてご紹介したいと思います。

ネティクリヤは、簡単にいえば、鼻用のジョウロのようなものに塩水を入れて鼻を洗浄する、古代ヨガの鼻腔浄化方法で、シンプルに「ネティ」とも呼ばれています。

インド生活をしていた頃に、水を入れたポットを片方の鼻の穴に入れ、違う片方の鼻から水を出している写真や、鼻に糸を通している写真がのってある本をたまに見かけて知ったこの方法ですが、はじめは「中国雑技団じゃあるまいし……こんなこと私はできないな」と、自分でやってみる気にはなれなかったのですが、後になり、アーユルヴェーダや自然療法において、この方法が薦められていることを知り、得られる効果を知るほどに、とても興味が湧くようになり、「これはやらなきゃ損かも」と心変わりし、ヨガセンターでネティ用のポットを手に入れ、ひとまず実践してみることに。

はじめのうちは鼻が詰まっていたり、勝手がよくわからず、水が鼻を通る気配が全くなく、写真や動画などでインド人が勢いよく鼻からまっすぐに水を出していたりするのを見ては、「どうやったらこんな風にスムーズに水を出せるの?」と感心したのですが、毎日少しずつ鼻を慣らしていくことで、徐々に出来るようになりました。(はじめからいきなり出来る人はごく稀で、ある程度の練習が必要です)

地道に何度か続けていくにつれ、水が鼻を通るようになり、やり終わった後の何ともいえない爽快感は、結構やみつきになります。

%e9%99%b6%e5%99%a8%e8%a3%bd%e3%83%8d%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%83%e3%83%88

(陶器製ネティポット)

 

■ネティから得られる効果

ネティを日々実行することにより、呼吸がしやすくなり、自由にできるようになるため、生の質自体が高まるといわれています。
実際に得られる主な効果は、次のようなものです。

・交感神経と副交感神経のバランスをとる

ネティは、体内の温度自動調節器として働く交感神経系と副交感神経系を刺激し、体内の冷却と加熱の両方をコントロールしてバランスをとるため、健康を保てやすくなります。

また交感神経系と副交感神経系は、脳に直接繋がり、私たちの思考や経験、気持ちにも影響を与えます。私たちが抱えるほとんどの問題の根っこは、心配や興奮といった感情が原因となっていることが多く、古代インドの賢者たちはこのことを熟知していました。

そして、現代の科学者たちは、古代の賢者がすでに、人間が持つ、健康、家族、仕事などについての誤った想像(例えば、信頼の欠如から他人に対して疑いや謝った思考を持つ、など)からもたらされる問題の全てを取り除くための最善の方法として、このネティを使ってきたことを発見しています。

ネティでこの二つの神経を直接的にリラックスさせることで、身体的にはもちろん、精神的な変容さえも可能と考えられています。

・視力を高めて目ヂカラアップ

またネティは、涙管を穏やかに刺激して目の洗浄を助けるので、目を輝かせる効果や、視力を鋭くする効果もあります。奥義に達したレベルでは、ネティはアジナ・チャクラ(眉の部分にあるチャクラ。「第三の目」と呼ばれる部分)を刺激すると伝えられています。

・感情を調和させる

ネティは、ホルモン系をコントロールし、感情を調和させる働きのある松果体(脳にある小さな内分泌器)と下垂体(脳の直下に存在する内分泌器)に微妙な影響を与えるといわれ、脳を冷やしてなだめる効果があり、頭痛、偏頭痛、てんかん、かんしゃく、ヒステリー、憂鬱症、精神緊張に役立ち、気分を軽くし、マインドを明晰にします。

・禁煙を助ける

ネティは特に、喫煙者に有益です。鼻に繊細さを復活させ、脳を身体的そして心理的な中毒のプログラムから解除する効果があります。

ネティは、健康全般にとても有益で、副作用がありません。一度覚えた後は、歯を磨く感覚で、毎日朝と夜の日課にすることができれば理想的です。夜にネティをすれば、リラックスした深い眠りを助けます。

%e7%a6%81%e7%85%99%e3%81%ab%e3%82%82%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e7%9a%84

 

■ネティのやり方

ネティは基本的に、塩水でやりますが、インドではときどき、牛乳が使われたり、さまざまなハーブやスパイスの煎じ汁がネティに使われることがあり、ネティの効果を強力にするために、少量のごま油やショウガを使うことを提案しているアーユルヴェーダドクターもいます。

ただ、少なくとも最初のうちは、塩水を使うことが妥当です。

一度やり方がわかり、慣れてきた時点で、いろいろ自由にやってみるとよいでしょう。

『用意するもの』
ネティポット
ぬるま湯か体温に近い温度のお湯 100ml~200ml
自然塩 1~3g

1.まず、ネティポットを塩水で満たします。100mlのぬるま湯または体温に近い温度の水に、自然塩(シーソルトや岩塩がおすすめです)1gを加えます。

2.洗面台の上で、右の鼻孔の入り口にポットの注ぎ口の先を置き、鼻孔の片方から水を注ぎ、反対側の鼻孔から出します。
(通常、一つの鼻孔から他の鼻孔へ水がスムーズに溢れ出す正しい角度と頭の位置がわかるまでは、ちょっとした練習が必要になります。)

重力にまかせ、急がずにじっくりと時間をかけて、水を鼻孔の下方へ流れさせます。水を鼻孔に注いでいる間は、口は開けたままにして呼吸が自由にできるようにしておきます。

ポットの塩水が半分の量になったら、前かがみになり、余分な水を全部鼻から出します。

残りの水で、左の鼻孔にも繰り返します。

***

 

★ナシャ、ネティから得られる、予想外の効果

さて、これまでにナシャとネティという二つの鼻浄化方法についてお伝えしてきましたが、私自身この二つを定期的にやってきて、ある時、意外な効果にふと気づきました。

それは、「鼻が高くなる」ことです!

これは、鼻の通り道が開き、さらに奥部分に刺激が加えられることで、鼻と関連した筋肉が強化されるためだと思うのですが、鼻を自然な方法で高くしたい方は、ぜひ試してみてください。

 

《村上アニーシャ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3/?c=73188