恐怖心という壁を乗り越える方法シリーズ その4
〜愛され認められている設定で動いてみる

こんにちは! ぼちぼちコンサルタント&スピリチュアルカウンセラーの望月彩楓です!

今回は恐怖心という壁を乗り越える方法シリーズ その4です!

 

〈愛され認められている設定で動いてみる〉

前回「愛され認められている設定」で
生活してみる! でした。

その中で出題させてもらったことについて、
私のブログ読者様よりメッセージ頂きましたのでご紹介します!
(掲載了承いただいております)

Q:もし『私は愛されている尊い人』設定なら、
道端でガムを踏んだ場合どう捉えたら良いか?

A1:新しい靴を買っていいよ! というお知らせ!
A2:もっとゆっくりしなさいってことかな?
A3:私は愛されて余裕があるからガムを吐き捨てた人を許す

Q:もし『私は愛されている尊い人』設定なら、
すんでのところでバスに乗り遅れたら?

A1:そのバスで事故があるかも! 助かった
A2:通勤先が向いてないとお知らせをもらえてると思う

総じてこのパターンで回答頂きましたよ。

そうそう、そう‼︎
みなさんさすが! 女優ですね、俳優ですね! 笑

そう捉えたら、きっと気分もドヨーンと落ち込むことなく
気持ちを切り替えて進めそうですね。

普段、みなさんはそういう捉え方をしているでしょうか?
きっと、こんな捉え方していませんでしたか?
「なんだよ! 最悪! どうせ私なんて、いつもこうだ」
「なんて俺は可哀想なんだ……貧乏くじばかり」
「いつもタイミングが悪くて不運をつかみやすいタイプだな」

そんな自分の「いつもの思考をする自分」をちょっと離れて、
しばらく今回ご紹介したような「別の思考をする人」
演じてみましょう! もちろん、別の思考のほうが正しい! と
無理に信じようとする必要はないんです。
あくまでも、お芝居でいいですから。

これを、まず最低1ヶ月は集中的に継続してみてください。

 

〈継続するために大切なこと〉

継続のためにノートを用意して、
今日一日を振り返って、起きたイラっとするような出来事
一見不運なこと、心がもやっとしたことについて書き出して、
「いつもの思考」「別の思考」両方をそれぞれ書きましょう。
そして、思い切っていつもとは別の思考を採用して行動していくのです。

もちろん、
今までの人生が超幸せで、変わる必要なんてないわ♪
と思っている方はもちろんこの方法を試す必要はないですが、
そうでないなら、ぜひ実行してみましょう。

別の思考を演じるのが怖い! と思うかもしれませんが、
「本当にそう思えたら良いな」という心の声に、
たまには従ってみてもいいのではないでしょうか。
たとえまだ信じられなくても。

それに今の自分の思考や役自体が、
嫌々演じているうち定着しただけだったとしたら?
それならやりたい役、やりませんか?

こうして、自分の中に幸せな設定を定着させていくことで、
何かにトライする時に「たとえ失敗しても大丈夫だから」やってみよう!
と壁を乗り越えて一歩踏み出すことができるようになっていきます。

恐怖心という壁を乗り越えるために大切なのは、
いかに失敗しないように、嫌な目にあわないようにするか頑張ることより
むしろ、失敗しても嫌な目にあっても大丈夫! と思えるように
今回シリーズでお伝えしてきた「自己肯定感」をUPさせることなのです!
すると、厚い壁に思えていたものは実は薄いハリボテの壁だったと気づけるようになるのです。
破ってみれば、ただの紙。

それを厚く高い高いものにしていたのは妄想だったのかもしれません。

さあ、あなたも今まで勝手に決めていた自分像にしがみついている場合ではありませんよ!
変わりたいなら、変わって良いんです! ぜひ実践してみましょう。

応援しています!

今回でシリーズ完結です。

ありがとうございました!

 

お知らせ
11月1日よりDMMさんでオンラインサロンを開きます!
今までの自分を変えたい方は必見ですよ!
望月彩楓オンラインサロン「変」
https://lounge.dmm.com/detail/651/

望月彩楓ブログ
http://blog.livedoor.jp/ayakamochizuki/
望月彩楓公式HP
http://ayakamochizuki.kirsite.com/

 

《望月彩楓 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E5%BD%A9%E6%A5%93/?c=5934