恵方巻きを食べて願望実現! 恵方巻きは驚きのスピリチュアルな願望実現法だった! ~2016年の恵方は南南東~

なんと!  恵方巻きはスピリチュアルな願望実現法なのです! 大阪発祥の節分の風習である恵方巻きは、巻き寿司1本まるごと食べることに注目を浴びていますね。でも、恵方巻きはとても素敵なスピリチュアルな効果があります。その効果はあなたの運を最強にし、たくさんの願いを叶えてくれるのです。
恵方巻きを食べて願望実現! 恵方巻きは驚きのスピリチュアルな願望実現法だった! ~2016年の恵方は南南東~

 

そもそも恵方巻って何?

すっかり恵方巻きを食べる習慣が全国に広がってきましたね~。あるぢは関西の人間なので、幼稚園に入る前から恵方巻きを食べてその年の幸せを祈っていました。

恵方巻きとは、その年の恵方に向いて巻き寿司1本を無言で食べきる風習をいいます。恵方とはその年の吉方を言います。吉方とは幸運をもたらす方角のことです。恵方には、歳徳神(としとくじん とんどさん)という大きな幸福をもたらす陰陽道の神様がいるので吉方とされています。

恵方巻きの起源は諸説ありますが、明治時代の大阪商人が節分の日に恵方の方角に向いて巻き寿司1本食べて、幸運を願う縁起担ぎのお遊びから始まったとさています。当時、各家庭では居間や座敷などに、恵方の方角に歳徳神を描いた紙を貼っていました。その紙に向かって巻き寿司を食べていたのです。

恵方巻きが節分に幸せを願いつつ楽しく過ごしたいとの思いから生まれたものだとは、ずいぶん大阪的なノリを感じます。巻き寿司だけに……。

 

恵方巻きにはスピリチュアルな神様のご利益がテンコ盛り

でも、恵方巻きは、単なる縁起担ぎのお遊びではなかったのです。恵方巻きには驚きのスピリチュアルな効果があるんですよ。その効果とは、七福神を体内に取り込んで運気を最強にして、たくさんの願いを叶えて幸せを引き寄せる効果です。

七福神_209237572

 

七福神を体内に取り込むとは凄いですね~。ではどうやって体内に七福神を取り込むのでしょうか? その答えは巻き寿司にあります。巻き寿司には七福神がいます。巻き寿司の七福神とは、巻き寿司の7つ具材のことです。7つの具材を七福神に見立てているのです。七福神を体内に取り込んで最強のご利益を得るのが恵方巻きの醍醐味です。

なので、恵方巻きには7つの具材が入っている巻き寿司がベストですよ。7つの具材の定番は、シイタケ、うなぎ、かんぴょう、海老、だし巻き卵、でんぶ、きゅうり、です。または、あなたのお好みの具材を7つ入れてお好きな巻き寿司を作るのもいいかもしれません。

さて、ここからが恵方巻きの本題です。恵方巻きのスピリチュアルな食べ方を紹介します。これは単なる食べ方ではありません。恵方巻きに秘められたスピリチュアルな効果を活かした素敵な願望実現法なのです。

 

スピリチュアルな願いが叶う恵方巻きの食べ方

1. 正しい姿勢で恵方に向いて座ります。(2016年の恵方は南南東)

2. 巻き寿司を無言で食べます。

3. 巻き寿司を1本食べきるまで、思いつく限りの願い事を心の中で唱えます。
※途中で食べるのをやめたり、言葉を発したりすると願いは叶いません。

 

招福_335867783

 

恵方には願いを叶えてくれる神様がいます。

恵方には歳徳神がいます。歳徳神は大きな幸運をもたらす神様です。恵方に向かって無言で食べると無心になれます。無心になると願いを叶えたい気持ちがとても強くなります。すると、その気持が歳徳神に伝わりあなたの願いに答えてくれるのです。歳徳神のご利益であなたの願いが叶うのです。

7つの具材が入った巻き寿司を食べることで七福神の強いパワーがあなたに宿ります。すると今年1年あなたは最強の運を持つことができるでしょう。そして、歳徳神のご利益で次々と願いを叶えて、大きな幸せを引き寄せることができるでしょう。

恵方巻きは単に巻き寿司を食べる風習ではなかったのですね。スピリチュアルな力があなたに味方してくれる素敵なイベントだったのです。恵方巻きを食べて最強運の人になって願いを叶えていきましょう。

 

ひぃりんぐ処あるぢや公式サイト
http://arudiya.com

ひぃりんぐ処あるぢや公式ブログ
http://arudiya-sp.doorblog.jp/

あるぢのスピリチュアルなブログ
http://ameblo.jp/arudiya-healingroom/

あるぢの気功整体ブログ
http://arudiya.blog.fc2.com/

ひぃりんぐ処あるぢやフェイスブック
https://www.facebook.com/Arudiya.healingspace

ひぃりんぐ処あるぢやツイッター
https://twitter.com/arudiya

 

《あるぢ/有地正敬 さんの記事一覧はコチラ》