キース・ビーハン氏11/15大阪セミナーレポート ~スピリット・パワーアニマルズ前篇~

キース先生の15日のセミナーはアニマルのスピリチュアルパワーで癒しの空間になりましたよ。私達は動物たちの癒しのエネルギーのおかげで生きているのかも……。キース先生は動物に秘められた力教えてくれました!
キース・ビーハン氏11/15大阪セミナーレポート ~スピリット・パワーアニマルズ前篇~

前回に続き、キース・ビーハン氏の大阪セミナーの様子を大阪のスピリチュアルカウンセラーあるぢがレポートします。今回は11月15日のセミナーのレポートを前編と後編に分けてお届けします。

前日のセミナーでは、キース先生のとてつもないスピリチュアルなパワーに衝撃を受けたあるぢですが、今回はいったいどうなるのでしょうか。楽しみです!

293ebdfd89eac5b4b6ee391f4941a9c6

 

スピリット・パワーアニマルズとは?

さて、11月15日の大阪セミナーのテーマは、スピリット・パワーアニマルズです。

キース先生によると、スピリット・パワーアニマルズとは、全ての動物には私達を助けてくれるスピリチュアルな力が備わっていて、その力で私達を助けてくれることを意味する言葉なのです。

なんと、動物たちは私達にスピリチュアルなメッセージを送ってくれたり、癒しのエネルギーを与えてくれたりするのです。この様に書くと、動物と触れ合うことで、人々の心を癒したりするアニマルセラピーのスピリチュアル版と考える方もいらっしゃることでしょう。

でも、アニマルセラピーとは異なります。スピリット・パワーアニマルズは動物と触れ合う必要はありません。なせなら、ある動物のイメージをしたり写真やテレビなどで見たりするだけで、スピリチュアルな癒しの効果があるからです。

トラやライオンのように触れ合うことが難しい動物たちからも私達は癒されます。キース先生のスピリット・パワーアニマルズは動物たちのスピリチュアルな力を感じ取り繋がることを重視しています。ちなみに繋がることを英語でtune in( チューンイン:波長を合せるの意味)と言います。

つまり、私達は家に居ながら世界中のあらゆる動物からスピリチュアルな癒しを求めることができるのです。

e60b5483c3f3a5bd8e9a408516317d37

 

よく見かける動物はあなたに何かを伝えようとしています。

通勤や通学途中そしてテレビを見ている時など日常の生活の中でよく見かける動物は何ですか? または、夢の中でよく見る動物は何ですか? そして、偶然にも友達や家族そして同僚たちとの会話の中で、何度も同じ動物が話題になることはありませんか?

キース先生によると、それらの動物は、あなたのスピリット・パワーアニマルズなのです。あなたに必要なメッセージを伝えてくれる動物です。例えば、その動物が猫ならば、猫があなたに必要なメッセージを伝えようとしています。または、あなたが猫のスピリチュアルな力を欲しているとも言えます。

動物にはそれぞれに資質があるとキース先生は言います。資質とは生まれつきの性質のことです。キース先生によると、動物の資質にはポジティブな面とネガティブな面があり、その両方があなたに贈られる動物からのメッセージとなるそうです。

例えば、牛の場合、牛の資質のポジティブな面はフレンドリーでいい動物であることです。ネガティブな面は牛の背後に立つと蹴られることから、身の危険を意味します。

もし、あなたが街で黒毛和牛のポスターをよく見かけたなら、ポジティブなメッセージとして、「あなたはみんなから好かれていますよ」、そして、ネガティブなメッセージとして「あなたに危険が迫っていますよ」の両方、または、それらのどちらかが送られていることになります。

余談ですが、なぜ、牛の例を挙げたかといいますと、このセミナーに酪農家の女性が参加されていて、その方がとても素敵で印象深かったので牛にしました。

さて、他の動物の資質が気になりますよね~。セミナーでは、キース先生よりいろんな動物たちのスピリチュアルな資質を教えて頂きました。その内容は後編でお届けします。後編は近日UPします。お楽しみに!

 

あるぢさん修正写真

キャプション:イギリスはグラストンベリーの聖ミカエルの塔の前にて撮影しました。

手前に写っている人物はあるぢです。

 

ひぃりんぐ処あるぢや公式サイト
http://arudiya.com

ひぃりんぐ処あるぢや公式ブログ
http://arudiya-sp.doorblog.jp/

あるぢのスピリチュアルなブログ
http://ameblo.jp/arudiya-healingroom/

あるぢの気功整体ブログ
http://arudiya.blog.fc2.com/

 

【キース・ビーハン氏 オフィシャルサイトはこちら!】