ハワイ、オアフ島で最も神聖で重要な地区 クアロアに秘められたそのパワーとは

ハワイ、オアフ島の北東に位置する、クアロア地区はアクティビティなどを楽しめる「クアロア牧場」で有名ですが、この地区、実はオアフ島で最も重要な意味を持つ聖域だったのです。

ハワイを訪れたことがある人なら、「クアロア」と聞けば乗馬やオーシャン・アクティビティ、そして最近ではジップラインなど、数々のアクティビティを楽しむことができる「クアロア牧場」を思い浮かべるのではないでしょうか。

「クアロア牧場」では、ジュラシック・パークを始め、多くの有名映画や、テレビ・コマーシャルなどの撮影も行われているので、何度となく画面で目にしたおなじみの風景があるかと思います。

しかしこのクアロア地区は、古代には王様しか立ち入ることが許されていなかった、非常に神聖な場所だったのです。

 

長い背中の峰という意味の『クアロア』

クアロアの地に立つと、切り立った断崖が連なった峰々を目にすることができます。まさにオアフ島の背骨でもあるのがこの地区の峰なのです。

そしてその峰と峰の間には「カアヴァ」と呼ばれる谷があり、このクアロアの谷から感じ取られる自然のパワーは濃厚で絶大なもので、非常に浄化力が強いとされています。

その昔、ハワイの各村々の若い酋長たちは、このクアロアに連れてこられて戦術や政治について学んだとされています。

またこの地一帯は「プウホヌア」=避難所とも呼ばれており、戦争で負傷した人や罪人たちは、このクアロアの地に逃げ込んできていたのです。そして神官や祈祷師により、浄化と祈祷を受けることができたなら、すべての罪を洗い流し、傷を癒して普通の生活に戻れるとされていました。

 

パワフルな霊能者も多く存在したクアロア

この地区には、王族に使えるカフナと呼ばれる色々な術を使える霊能者も多く住んでいたとされています。

カフナとは祈祷師であり、薬草で人々を癒すことができるメディスンマン、カヌー作りの達人、フラの師匠など、色々な特殊技能とパワーを持つ人たちなのです。

そんな彼らが時には一同に会し、議論を戦わすこともあったのですが、それぞれの意見が対立したりすると、その場でエネルギーを使った技の対決があったり、なんの道具を使うことなく、ドラゴンボールさながらの火の玉が飛び交ったり、物が空中を飛び交ったりすることもあったという、異次元的な話が今に伝わっています。

それほど、その時代のクアロアに住む霊能者は、神に近いような高度な能力を備えていたと言われています。

今でも、この地には多くの不思議な伝説が残っています。それと同時に現在でも無謀に土地を開発しようとすると、突然海の水位が上昇して洪水になりかけたりなど、神々が宿る地であると確信してしまうような出来事が多く起こっているのです。

 

『クアロア』地区でのパワーチャージ

もしこの地区を訪ねることができたなら、おすすめしたいのは、「チャイナマンズ・ハット」と呼ばれる小島が見える、クアロア・ビーチでのヒーリング・エクササイズです。

チャイナマンズ・ハットは別名「モコリイ」と呼ばれ、ハワイの火の女神、ペレの妹のヒイアカにまつわる伝説が伝わる場所でもあります。

このビーチのエネルギーは、ハート・チャクラと第三の目のチャクラに非常に効果があるのです。

心に痛みを感じているのなら、深呼吸をしてまずハートを大きく開いてみてください。

そしてなぜ、あなたは傷ついたのか、その傷はどこからきたのかをまず理解してみましょう。他人を責めるのではなく、自分の中にも何か見落としていたことや、気づかなかったことがあるかもしれません。

自分自身が傷ついた理由がわかれば、自分自身をまず愛することを考えてみましょう。このクアロアのパワフルなエネルギーの中で、あなたが愛に包まれていることを想像してみるのです。

そしてあなたは独りでないこと、あなたの周りにはあなたを支えてくれる人が多くいることを認識してみてください。家族、友達、同僚、ペットなんでもかまいません。無償の愛を差し出してくれる人が、必ずいるはずです。

また、単にエネルギー・チャージをするために、クアロアを訪ねるのもおすすめです。ゆったりした気分で深呼吸をしながら歩いてみましょう。

自分の身体の細胞や心の中も、すっかり浄化されてすがすがしい気持ちでリセットでき、パワー・アップした自分に気がつくことでしょう。

ストレスを抱えている人や、悩み事のある人、決断を下したい人、開運をしたい人はぜひお試しください。

クアロア地区へは、アラモアナ・センターから55番の「Honolulu/Ala Moana Center」のバスで約1時間です。

ホームページ:https://tarotreiko.amebaownd.com

 

《伊庭野れい子(いばのれいこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tarotreiko/?c=153236