こころと身体はもっと自由になる ~脱力のすすめ~ストレスを理解し、季節の変わり目・不調を改善しましょう

季節の変わり目、心身の調子を崩す人達の持つ共通点とは?辛い季節を気合で乗り切ろうとしてはいけません。ストレスへの対処の仕方を知り、意識の使い方を根本から見直してみましょう。

日に日に気温が上がり、春の鮮やかな花々の美しい季節となって来ました。
すべての生き物が動き始める季節。

なんとなくウキウキ・わくわく、活動的になるこの季節のはずなのに、体調が不安定になる、精神が不安定になるという人が少なくないのはなぜでしょうか。

私たちは、季節の変化、気温や天候などの自然環境のさまざまな変化の中で生きています。
その自然の「変化」も、確かに私たちにとっての一つのストレスではあります。

しかしサイクルとして毎年めぐっている自然の移り変わりに、地球上の一生物として存在する
私たち人間だけが、対応できないというのは、おかしいと思いませんか?

私のパーソナルレッスンに不調改善に初めて来られる皆さんで、季節の変わり目に調子を崩すと言う事を訴える方は少なくありません。
こうした方たちを見ていると、彼らには共通点がある事が解ります。
みなさん身体と神経を恐ろしくガッツリ固めているのです。
そして、自分が身体や神経を固めていると言う事実に、全く自覚が無い方も少なくありません。
身体を固めている状態が自分にとっては、あまりにも当たり前な事すぎて、そこに問題がある事自体、気が付かないのです。「この辛い季節を気合で乗り切ります!!」なんて、さらに力もうとする人もいますが、これは、最もやってはいけないストレスに対する間違った反応のし方です。
やるべきことと全く正反対の方向にムダにエネルギーを使うことになります。
気合で乗り切ろうなどと思うのは、くれぐれもやめて下さいね。

 

■そもそもストレスとは?

ストレスとは、物理学用語で外側からかかる圧力によって生じる緊張状態のことを言います。
外から加えられる「刺激」そのものには、実はそれ自体は「良い」と言う性質も「悪い」と言う性質も持っていません。
あなたが「良いもの」「悪いもの」と判断して、そのように反応しているだけなのです。

ストレスは捉え方により、健康に全く害がないと言う研究結果を出している研究者もいます。

勿論、今 ストレスで命にかかわるような深刻な状態にある人は、まずはストレスになるもの、人、場所から離れる、休む、逃げるなど、とりあえずの緊急避難は必要です。
早く逃げないといけません。
しかし生きている以上、ストレス自体を完全になくすと言うことは不可能ですし、ずっと逃げ続けると言うわけにもいきません。
ストレス耐性が弱いと感じている人は、ストレスに対する「反応」の仕方を見直して行く必要があると思ってください。

 

■無意識にしている反応に気づきましょう

外からかかるストレス「変化」に対して、あなたはどのような反応をしているのでしょうか。
変化に対しての対応の仕方には、大きく分けて2種類あります。

●鎧をまとうように、全身の筋肉を固めて防御する、力技でぶつかって跳ね返す
●力を抜いて、ストレスを柔らかく受け止める、柔らかくゴムまりのように跳ね返す、流す、さばく、すかす、よけるなど、ストレスを無力化する

どちらが体に優しいかは、一目瞭然ですね。
これば、物理的な変化や力だけでなく、精神的に受けるストレスにも、全く同じことが言えるのです。

前者の、体を固めて防御すると言うやり方は、自己防衛本能として、つい無意識にやってしまう反応です。
いも虫をちょんとつつくと、ひゅんと縮むとか、ダンゴムシをつつくと、丸くなって固まると言った生物としてはかなり原初的な反応です。

このやり方も、ゆるめて元に戻すための回復する十分な時間を持ちさえすれば、それほど問題ではありません。
強いストレスを受けた場合は、そのあとダメージを回復するだけの十分な休養を取ればよいのです。
が、現代の私達の生活は、回復する間もなく次の緊張状態に突入してしまいます。
緊張した状態が普通になってしまっているのです。

これを続けていくと、身体はどんどん痛んでいきますし、精神的にもダメージが蓄積して行きます。
鎧を着るように身体を固めると言う反応のし方は、あまり賢い反応のし方ではありません。
身体を固めることで、血流や神経の流れを悪くし、交感神経、副交感神経のスムーズな交換を妨げ、呼吸を浅くし、様々な不調を引き寄せてしまいます。

長年身に付けて慣れた筋肉の鎧を脱いでゆるめると言う事は、最初かなり怖いと感じるかもしれません。
こればかりは、ゆるんでみないと、重たい鎧の無い楽さと快適さは分からないのです。
しかし身体の力を抜いて、柔らかく保っておきさえすれば、気温の変化、湿度の変化などの刺激に対しても素早く順応して行く事が出来るのです。

今日から、ストレスに対する「反応の仕方を変えよう!」と決意してください。

まず、身体のいらない力を抜いて、あらゆる刺激を柔らかく受け止めよう、受け流そうと言う「イメージ」を持って下さい。
変化を嫌なものとして「怖がらない」と言う事もポイントになります。
動き続けている地球と言うサーフボードに乗って、しなやかにサーフィンをするようなつもりで、四季の移り変わり、自然の移り変わりの流れに乗って行ってください!!

 

【バルーンメソッド】セミナー詳細
http://balloonmethod.konjiki.jp/information.html

 

《荒井皆子(あらい みなこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/araiminako/?c=159168