風水で「仕事運と恋愛運」を両立させるポイント
〜仕事運は当然アップしたい。 しかし、恋愛運もアップしたい。

恋愛運と仕事運をどちらも両立させたいと思うときには、スピリチュアルオイルも上手に使ってみましょう。
風水で「仕事運と恋愛運」を両立させるポイント<br>〜仕事運は当然アップしたい。 しかし、恋愛運もアップしたい。

こんにちは。スピリチュアル風水カウンセラー
の相川葵です。

さて、女性も仕事や昇進をすることが当たり前になってきた現代、仕事運をアップしたいなー……と考えている方も増えていることでしょう。

しかし、そこで難しくなってくるのが、恋愛運アップとの両立です。
仕事運は当然アップしたい。
しかし、恋愛運もアップしたい。
人生の重大な選択といえば恋愛だけれど、仕事やキャリアもここで諦めるわけにはいかない……。

そんなとき、風水ではどのようなことに気をつければ良いでしょうか。

まずは、デスク、机の向きに気をつけましょう。

恋愛運も仕事運も、重要視される方向が「東と南」で類似しています。
部屋の中の家具を上手に配置することが大切です。
机は、東向きか南向きが良いとされています。

このうち、発展や新規顧客の獲得を目指すなら東。
人気運や美容運といったことを重視するなら、南向きの机が望ましいので、自分の職業の内容によって方角を決めます。
美容関係、芸術系なら当然南向きがおすすめ。

そして、仕事と恋愛の両立を目指すときも、美容運を補完してくれる南向きのデスクはおすすめです。

恋愛運をアップさせたい場合には、東南方向にベッドを置くと良い……と言われているので、デスクとベッドがかち合ってしまうことも。
そんなときには、デスクを北に配置し、南に向かって仕事や作業をするよう椅子の位置を調整する。
そして、ベッドは東南方向に配置することで、両立を図ることも可能です。

もちろん、お部屋の中をキレイに片付けたり、窓を拭いておくことは、どちらの運気を上昇させるためにも大切なことですよ。

また、恋愛運と仕事運をどちらも両立させたいと思うときには、スピリチュアルオイルも上手に使ってみましょう。

こんなときにおすすめなのは、インナーチャイルドメッセージオイルの「Beautiful Woman」です。
仕事運と美容運をどちらも高めてくれるこのオイルは、生き生きと仕事をしながら美しく輝く女性へと導いてくれるでしょう。
また、出会い運を高めたいときに「Pheromone」を一緒に使うのもおすすめです。

仕事に一所懸命なときって、恋愛をしたいと願ってもなかなか、恋愛のほうにモチベーションがいかなかったりして、恋愛アンテナが鈍りがち。
目の前にある恋のチャンスも逃してしまうことが多いのです。
異性を異性と感じ、また異性に異性と感じてもらうため、「Pheromone」はあなたのオーラを調整する働きをしてくれるでしょう。

 

Pheromone(フェロモン)メッセージオイル 15ml

異性とスムーズにやりとりしたい、接点が欲しい。
そんなお悩みにチカラを貸してくれるのが、インナーチャイルドメッセージオイル「pheromone」です。

この中には、愛の白魔術がたっぷりと込められています。
香りに身を浸すだけで、いつの間にか心が愛に満ち溢れ、異性を惹きつけるオーラを身に纏うように変化していく。
どうぞ、勇気を出して、「pheromone」の香りを身の周りに置いてみてください。
あなたを取り巻く愛の環境が、きっと良い方向へ、良い方向へと動き出します。

 

Beautiful woman(仕事と美容)メッセージオイル 15ml

仕事は今や、女性の自立と活躍に、欠かせないものとなっています。
しかし一方で、仕事が充実するに従って女を捨てるような生活にはまってしまったり、美容面を諦めざるを得なくなってしまうケースも……心当たりはありませんか?

インナーチャイルドメッセージオイル「Beautiful woman」は、仕事も美容も諦めない!
すてきな女性のためのオイル。

このオイルにかけられた白魔術で、あなたの内面から美のオーラを引き出すと同時に、仕事に対するアイディアとバイタリティも一緒に補填します。

 

相川葵
インナーチャイルドメッセージオイル開発者
2008年アメリカ留学後、ヒプノセラピーのお店を日本で開業する。その後数々のテレビ出演依頼を受ける。主に催眠術番組や霊感番組など、現在はセラピストの経験を生かし、小学館の専属ライターとして占い、心理学などの記事を連載中‼︎

 

スピリチュアルライフ
http://spiritual-life.shop/
相川葵のアメブロ
http://ameblo.jp/aoi-hipuno/
催眠占術
http://saiminn-sennjyutu.red/

 

《相川葵 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/aoiaikawa/?c=92727