愛犬プクと「セーブドバイジアニマルズ」エッセンス〜久慈悟子が教えるアニマルエッセンスPart.28

みなさん、お元気ですか? 鍼・灸・ヒーリングサロン慈美(いつくしみ)の久慈悟子です。
愛犬プクと「セーブドバイジアニマルズ」エッセンス〜久慈悟子が教えるアニマルエッセンスPart.28

【愛犬のプクと私のアニマルエッセンス体験談】

今日はワイルドアースのアニマルエッセンスのコンビネーションボトル「セーブドバイジアニマルズ」に救われた愛犬のプクと私の体験談です。

先日、エアコンのリモコンがテレビ台から落ちて、愛犬のプクに当たってしまいました。

それが原因でプクは運悪く両後ろ足と泌尿器が麻痺してしまいました。

直ぐに病院へ連れていきましたが、検査では原因が見つからず、衝撃でヘルニアになったんだろうということで、72時間以内にオペを勧められました。オペをしても100%治る可能性はなく、一生後ろ足を使って歩くことができないかもしれないと言われたんです。

 

全身麻酔で死んでしまうこともあるので、決めかねて、鍼灸師でもある私が鍼治療をして様子を見ることにしました。1回目の治療で鍼を抜いたとたん、プクは前足だけでトイレに行き自力でオシッコをしました。

プクは、後ろ足が立たないのでおしりがびしょ濡れになり、私に怒られるのではないかとビクビクして必死で隠れようとしました。自分の体がいうことをきかないので不安で不安でしょうがない気持ちも私に伝わってきました。

「プクを助けるためにどうしたらいいですか?」と、ハイヤーセルフに尋ねると、「アニマルレスキュー」と返事が返ってきました。

Attachment-1

 

「アニマルレスキュー」とは、「セーブドバイジアニマルズ」の別名です。直ぐに掌に数滴垂らし、プクの体をやさしくマッサージしてみました。

すると、心配で上目遣いだったプクはリラックスし始めました。