まさに「ミタキオヤスン」(私と繫がる万物に感謝する)!〜ニューヨークでの体験談〜

皆様、お元気ですか?
インディアンネーム「二羽の渡りガラス」こと、 鍼・灸・ヒーリングサロン慈美(いつくしみ)の久慈悟子です。

 

今回はニューヨークからの投稿です。

昨年の3月にマンハッタンの中でも特にパワーの強いセントラルパークに行き、ニューヨークで仕事ができるようにとニューヨークの大地とグラウンディングしてきました。
http://www.el-aura.com/animalessence20170314/

その甲斐あって、先月末に急遽ニューヨーク行きが決まり、ある方から職場のスタッフの気持ちを1つにまとめて欲しいと以前出版した書籍『ミタキオヤスン』に関するセミナーの依頼を受けました。

『ミタキオヤスン』とは、ネイティブアメリカン(以下インディアン)の言葉で「私と繫がる万物に感謝する」という意味です。

「万物は一つである」というワンネスの意味もあります。

書籍には、私が今までにインディアンから学んだインディアンの文化や哲学、モノとらえ方などにより得た大きな気付きと私の人生での体験による気付きが書かれています。

海外で『ミタキオヤスン』のセミナーをするのが7年越しの夢だったので、ニューヨークでお声がかかりとても嬉しかったです。

セミナーの内容は、

ネガティブな感情の手放し方
自然体になる方法
モノの捉え方で人生を変える
究極の幸せの手に入れ方
ストレスとプレッシャーの手放し方
最強の引き寄せ
1つにまとまるということ
豊かさと繫がるのを妨げているネガティブな感情を取り、可能性を無限に広げる方法

などなど自分の内なるパワーとつながり、何があっても揺るがない軸の作り方をお伝えしました。

セミナー以外にも移民してアメリカに来られた方達にヒーリングやエッセンシャルオイルを使った治療をしました。

アメリカは、国民皆保険制度がないので、医療費が高く、病院に行けない人もたくさんいます。

今回ニューヨークで行った治療で心に残ったものは、18年間全身の痛みに耐えていた60代の女性です。
数週間前にあまりの体の痛みに耐えきれずに救急車を呼んだら、クレジットカードがないという理由で病院に連れて行ってもらえなかったと聞きました。

彼女は、歩行にも介助が必要な状態で、痛みのためホテルのベッドにも登れないので床に時間をかけて横になっていただき治療しました。

私と同行した井上先生の治療の予約が取れた日に神様が夢に現れて痛いところに手を当てて痛みを取ってくれる夢を見たそうです。

 

「治療を受ける」ということは、その方にとって特別なことなんだなとしみじみ思いました。

エッセンシャルオイルを使って優しくヒーリングマッサージをしていくと左右高低差のあった背中は、バランスが整い、呼吸が深くなりました。

ゆっくり立って戴くと背中の治療をしただけなのに手の平や足の痛みまで取れ、「私、もう杖はいらない」と踊り出したのを見て、お嬢さんと通訳さんと感動しました。

その他に心に残った治療は、奥様とお嬢さん2人を連れて来たエクアドル出身の男性の治療です。

その方の長年の体の痛みをとり、痛みのため凝り固まった可動域を広げ、心配ごとの解決を井上先生と一緒にしました。

その男性は、他界した私の父に体格と肌の色がそっくりで、父の日だったこともあり、父に治療している気がして泣き出しそうになりました。

その事を伝えると、あなたは私の娘だと言ってくださり大きな癒しをいただきました。

とても温かい方で、もし今度チャンスがあるなら妻にもヒーリングマッサージをして欲しいと奥様を思いやり、井上先生と私の治療のセッティングをしたお嬢さんにとても感謝していました。

移民してきた方達は、苦労しているので、思いやり深く暖かい人が多いようでした。

そしてそのような方に治療している時、場が神聖になるのがわかります。
患者さんやその場にいる人や物と調和して、一体感を感じ、私まで癒やされるのです。

 

まさに、「ミタキオヤスン」です。

ニューヨークでの治療は、深いところで繋がって、毎回温かい涙が流れます。

スペイン語⇄英語⇄日本語通訳での治療も楽しかった。

主催者の方に職場が1つにまとまっていい雰囲気になったので、年に何回かセミナーと治療にニューヨークに来て欲しいと言われ嬉しかった。

治療した方達は、皆純粋に「先生達に会いに日本に行く」と別れ際にハグしてくれましたが、井上先生と私で「近い内に必ずまた治療に来ます」と誓った約束、守りたいです。

帰国してからも、思考を止めて感覚に身を委ねると「ミタキオヤスン」は続いていて、枯れ葉やコンクリート、車の騒音にさえ創造が宿り、感謝の気持ちを抱かずにいられなくなり、心の平和が訪れています。

またこちらのサイトに興味深かった体験談を紹介させていただきますね。

では、ミタキオヤスン!

 

ブログ
https://ameblo.jp/niwanowatarigarasu/page-8.html

 

《久慈 悟子 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E4%B9%85%E6%85%88-%E6%82%9F%E5%AD%90/?c=80878