たった一文字【開運年賀状】のススメ

年末年始、年賀状で忙しくなる季節ですよね。ちなみに嬉しくない年賀状のトップは「印刷されただけの年賀状」ですが、もらって嬉しい年賀状は? 幸運な新年の幕開けを迎えられるためのコツをご紹介します。
たった一文字【開運年賀状】のススメ

皆様こんにちは! 筆跡診断士の373(みなみ)です。
いつもは「エンジェリック・セラピスト」としてご挨拶させていただいておりますが、今回は筆跡診断士として登場させていただきますね。

早いもので、今年もあとわずか。
今年はちょうど後半から、こちらで執筆させていただくという光栄すぎるご縁をいただき、大変幸運に恵まれた年となりました。この場をお借りして、スタッフの皆様、読者の皆様、いつもポチポチ応援して下さっている皆様に心より御礼申し上げます。来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

■もらって嬉しくない年賀状

さて、この時期、気になるのが年賀状。
もうお書きになりましたか?

ある調査によると、もらって嬉しくない年賀状のトップは「印刷されただけの年賀状」だとか。その中でも「モノクロ印刷のもの」がワースト1。確かに写真やイラストが入ったカラフルなものに比べると、寒々とした寂寥感が漂いますよね。

 

■では、もらって嬉しい年賀状とは?

反対に、もらって嬉しい年賀状のトップは何だと思いますか?
それは「手書きのメッセージが添えられたもの」だそうです。

「書は人なり」という言葉がある通り、手書き文字には、その人の個性や温度が感じられますよね。著名なスポーツ選手や芸能人の直筆サイン入りグッズや色紙がオークションにかけられて高値がつくのも、まさに手の届かない憧れの本人が、その手でペンを持ち、サインを書いたんだ~! と思うからこそ。手書き文字は、その人の分身と言っても過言ではないかもしれません。

画像2(11)

 

■文字はどこで書いている?

ところで、ペンを持ってメッセージを書く時、文字は身体のどの部分で書いていると思いますか?









(考え中)









腕?

手?

指?









正解は……「左脳」です。

同じ人が右手と左手で書いた文字が、ほぼ同じ筆跡特徴を持つことから、文字を書いているのは「指先」ではなく「左脳」であると考えられています。

無意識にイメージした文字の形が脳から指先に伝えられ、ペンを持った指先は、その司令に従ってただ動き、文字を書いているにすぎないというわけです。

 

■形態心理学による開運筆跡

いわゆる成功者とされる歴史に名を遺す偉人賢人から、現代の各界の著名人に至るまで、膨大な筆跡データからはじき出されたいくつかの「開運筆跡」があります。
その中から、年賀状にふさわしい一文字をご紹介しましょう。

無意識に書かれた文字は「潜在意識」の現れ。つまり「開運筆跡」で文字を書くことにより、潜在意識に成功者の「開運マインド」を埋め込むことができるというわけです。

さらに素晴らしいのは、開運筆跡は、その形態から放つプラスのエネルギーによって、書く人だけでなく、見る人にも幸運を与えることができることです。
つまり、年賀状を送る人も受け取る人も、新年早々、開運エネルギーを手にすることができるのです。

 

■たった一文字「様」で幸運な新年の幕開けを

年賀状でたった一文字、簡単に使える開運美文字、それは宛名の下につける「様」です。
いつもプリンターで年賀状を印刷されていて、全部手書きで宛名を書くのは面倒という方も、今年は宛名の「様」だけを抜いて印刷をして、その後、「様」だけでも手書きされてみてはいかがでしょうか。

画像3(8)

 

以下、いくつかの開運筆跡特徴をご紹介させていただきます。

 

(1)人生に新しい流れを呼び込みたい方へ

「様」の「へん」と「つくり」の間を広めに開けて書きましょう。
この空間は心の包容力であり、情報、人脈、チャンス、お金の通り道とされます。
この空間が狭いと新しいエネルギーが入ってきません。⇒図①

※ただしあくまでも大人の場合です。お子様の場合は必ずしも吉とは限らず、不登校の芽が隠れていることもあるそうです。お子様の筆跡に関しては、書籍「わが子の筆跡で『いじめ』が見抜ける」「子どもは文字で訴える」でご確認下さい。

 

(2)引っ込み思案で華やかさが足らない方へ

「木へん」の左払いを長めに書きましょう。そうすることで華のある人になれますよ。
来年はスポットライトを多目に浴びることになりそうな方にもお薦め。注目されればされるほど輝くスター運が上がります。⇒図②

 

(3)落ち着きや粘り強さが足らない方へ

「木へん」と右側の「つくり」の縦線の最後をしっかりと力強くハネましょう。家庭運に恵まれ、責任感、粘り強さが養われます。そして、右側の「つくり」の最後の払いを長めに書きましょう。感動多き情熱的な人になれます。⇒図③

 

(4)他人の意見に左右されやすい方へ

「木へん」の書き出し部分を少しひねってみて下さい。ひねりの部分が魔法の杖の頭の部分となり、あなたを守ってくれます。⇒図④

この中で特にお薦めなのは(1)です。あらゆる豊かさを呼びこむ代表的な開運筆跡の1つですので、是非(1)だけでも意識してみて下さい。

新年も皆様に幸運が降り注ぎますよう、心よりお祈りしております。

画像4(1)

=================

Angel Vision http://angel373.com

=================

 

《373 さんの記事一覧はこちら》