★告白の失敗なんて怖くない! 人として嫌われたのではない。来るべき夏に向けて、ドキドキワクワクしよう~!

こんにちは。生き物大好きな占い師&教員&気象予報士の金子大輔です。
八十八夜も過ぎ、夏に向かって新たな恋の予感を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いつ、どんなシチュエーションで告白するか、はとても悩ましいものです。
もし告白に失敗したらどうしよう……今回はそんなお話を考えてみようと思います。

大人はもちろん、ぜひとも中高生など若い人にもお伝え頂きたいお話です。

 

●人として嫌われなければ大丈夫!

「告白に失敗すると今後の関係がぎくしゃくしてしまう……」、「友だちですらいられなくなってしまう」、そんな心配をされる方も多いでしょう。考え方を少し変えるだけで、そんな心配は無用になります。
恋仲になるのは「今は」NGでも、人として嫌われてしまっていることはあまりありません。
告白後、妙に意識したり罪悪感を感じたりして気まずくなることが、疎遠になってしまう主な原因なのです。
告白を断る=気が乗らないから飲みに行くのを断った、その程度の認識でいてはどうでしょうか。

 

●告白はデートの終盤を避けよう

告白失敗がそのまま永遠の別れにならないために、「デートの中盤」での告白決行をオススメします。
デートの終盤だと、そのまま会話もなくさようなら、という流れになりかねません。
中盤での失敗なら「驚かせてごめんね。じゃ、今まで通りでよろしく」と笑顔を見せ、その後、愉しい話で盛り上がれば「告白は失敗したけれど、愉しいデートだった」と上書きすることができるのです。
これは多少のコミュニケーション力が問われますが、告白するたびに友人を失ってしまうのも悲しいですから、ぜひともマスターしたいスキルです。
なお、ある程度テンションが高まっている方がよいため、デート序盤よりは中盤をオススメするのです。

 

●相手の立場に立って考えられれば、再チャレンジもアリ!

どうしてもあきらめきれずもう一回挑戦したい、再チャレンジはアリか? これもよく議論されます。
人間的にレベルアップをし、再度告白をするのはぜんぜんありだと思います。
予備校に通って猛勉強し、翌年同じ大学を受験するのと同じです。
受験と同じで1度目はNGでも、2度目、3度目でOKをもらえるケースは少なくありません。
何回までOKか、はいろいろな意見がありますが、相手が嫌がったり迷惑になったりしない程度まででしょう。
受験での「何浪までなら可能か?」という感覚と似ています。
前回前々回の働き方改革のコラムとも被るのですが、『人の嫌がることはしない』を心がければ、ストーカーにもなりませんしパワハラもセクハラもなくなります。

 

●「キモチワルイ」と思われたらどうしよう……

最後に、少しネガティブなケースを考えます。

告白されて「気持ちはありがたいけど……正直、キモチワルイ」と思ってしまったことはありませんか? それはどんなことを感じたときだったでしょうか。
おそらく「手軽に恋愛をしたい」「誰でもいいから体の関係を持ちたい」、という魂胆を感じとってしまったときだと思われます。
たとえタイプでない人からであっても、「人として好き・尊敬する」という意思がきちんと伝われば、嬉しく感じることが多いものです。
ですから告白するときには、理屈っぽくならない程度に「なぜ、どんなところが好きか」を伝えれば、人として好きになったことは伝わりますし、結果NGでも、冒頭に書いたように「今後もよろしく」という流れにもつなげやすいと思います。

 

(金子 大輔)

 

《金子 大輔 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/turquoisemoth/?c=146217