小さな好奇心が世界を変える。世紀の大発見! 
15歳の少年が発見したマヤ遺跡の秘密は本当?

今回の発見がどうなるかはわかりませんが、いつか小さな好奇心が世界の謎を解き明かすことは必ずあることでしょう。
小さな好奇心が世界を変える。世紀の大発見! <br>15歳の少年が発見したマヤ遺跡の秘密は本当?

【マヤの古代文明の秘密が明らかに】

カナダに住んでいる「William Gadoury」という15歳の少年が、「マヤの古代文明の秘密を解き明かした」として話題となりました。彼は2012年にマヤ暦が終わることで、世界が滅亡するという話題をきっかけにマヤ文明に興味を持ち、色々と調べているうちに「なぜ、マヤ文明の都市は山奥の不便な場所に造られているのか?」という疑問を持ちました。

そして、その疑問の答えとして「マヤの都市は星座の並びを基準に造られたのではないか?」という仮説を思いつき、Googleマップと、公開されているマヤ文明の古代遺跡の座標を用いて、その地図に星図を重ね合わせました。それによって、117の都市と星座が一致していることがわかったのです。

 

【マヤの都市は星座と関係していた】

さらに、当時のマヤ文明で重要とされていた星座に対応する都市が見つかっていなかったことに気づき、その発見をカナダの宇宙庁に報告し、最新式の「RADARSAT-2衛星」が撮影した写真を手に入れることに成功しました。この衛星は最新式のものであり、彼が調べたい場所をしっかりと捉えていました。さらに、彼はインターネット上で同一座標の写真を出来るだけ集め、リモートセンシングの専門家である「アルマン・ラロック博士」の協力を得て画像を解析したところ、「いくつかの建造物と、高さ86メートルのピラミッド」があることが判明したのです!

このことから、カナダの宇宙庁はWilliam君にメダルを授与し、彼は発見した遺跡に「ク・アアク・チ(火の口)」という名前をつけました。今後の予定としては、2017年の国際科学祭でこの研究を発表し、それを元に現地調査が行われることを希望しているとのことです。

303411965

(画像はイメージです)

 

【世紀の大発見は確かなのか?】

マヤ文明といえば、「星座や暦といった天文学に優れていた」ことが知られていますので、星と関連づけて都市を造ったというのは、説得力があります。また、天の星を地上の都市に反映させるというのもロマンチックであり話題性は充分だったわけですが、その反面、「実際には遺跡は発見されていないという指摘」もあります。

指摘されているポイントとしては、遺跡と比較されているのは、現代のいわゆる「西洋星座」であり、さらに天体の配置ではなく、星座単位で自由に位置を変えて遺跡にマッピングしているのは、科学的ではないというものがあります。この指摘はもっともですが、William君が使ったのは西洋星座ではなく、マヤの星図だったという説も存在しています。しかしながら、どちらにしても、星座の形を基準に、100以上もある遺跡を線で繋いでいくと、何らかの関連性が出てくることは当然です。

(画像はイメージです)

(画像はイメージです)

 

【実際にはピラミッドはなかった?】

では、新しく見つかった遺跡はなんなのか? ということになりますが、前述のラロック博士とは異なるリモートセンシングの専門家によると、「ピラミッドなどではなく、トウモロコシ畑の可能性が高い」という説が提唱されています。こちらは古いものではなく「数十年前のもの」ということです。

 

【果たして真実はどちらなのか?】

カナダの宇宙庁が発表したことで、William君の説はとてもセンセーショナルに世界中に伝えられてしまいましたが、それによって多くの「マヤ考古学の専門家や、天文学の専門家、さらにはリモートセンシングの専門家」が、この説を検証するきっかけになったともいえます。現在のところ、世紀の大発見となるか、単なる一時的な話題となるかは、どちらともいえない状況ですが、多くの専門家によると「残念ながら、今回の星座と遺跡の関係性という理論が実証されることは難しい」という方が優勢のようです。

 

【小さな好奇心が世界を変える】

とはいうものの、「十代の少年がもった小さな疑問と好奇心」が、現代的なツールと衛星画像を使うことで世界的な話題となったというのはすごいことです。今までならば、考古学や古代文明に関する研究というのは、「大規模な研究資金と調査が必要」になってくるものだったわけですが、15歳の少年でも、研究を進めていくことができるということがわかり、それが世界的に知られたわけですので、これをきっかけに、「今後新しい発見が生み出される土壌が形成された」のは確かです。今回の発見がどうなるかはわかりませんが、いつか小さな好奇心が世界の謎を解き明かすことは必ずあることでしょう。

【参考サイト】
How a 15-year-old discovered an ancient city(BBC)
http://www.bbc.com/news/blogs-trending-36259047

That Long-Lost Mayan City a Teen Found Isn’t Lost … or a City(WIRED)
http://www.wired.com/2016/05/long-lost-mayan-city-teen-found-isnt-lost-city/

Teen discoverd an Mayan ancient city.
This discovery is true?

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809