聖なるバジル‘トゥルシー(ホーリーバジル)’

インドの薬草・魔除けにも効果的な聖なるバジル‘トゥルシー(ホーリーバジル)’を日常的に取り入れてみませんか?
聖なるバジル‘トゥルシー(ホーリーバジル)’

【トゥルシー(ホーリーバジル)とは】

トゥルシー(Tulasi)とは、数千年前からインドで使われている薬草で、「不老不死の薬」とも言われるその薬効の高さから‘聖なるバジル’と言われています。

最近では、サンスクリット語のトゥルシー(Tulasi)という名の他に、英語のホーリーバジル(Holy Basil)という名でも一般的に知られてきています。

ホリスティック医療であるインドのアーユルヴェーダの基本となる薬草で、サンスクリット語の Tulasi には‘比類なきもの’という意味があり、またヒンドゥー教では、ヴィヌシュ神の妃・ラクシュミの化身だと考えられています。

※ホリスティック医療とは、目に見えない心・霊性・精神性を含めた‘Body-Mind-Spirit’の視点から環境までを含め、全体的な視点で健康を考えること。

画像1

 

【あらゆる抵抗力を高めてくれる成分‘アダプトゲン’】

トゥルシー(ホーリーバジル)に含まれる成分の中で、特に注目されるのはアダプトゲンです。

アダプトゲン(Adaptgen/適応促進)は、免疫機能を促進し、身体にかかるストレスを自ら対処できるようにする働きをしてくれますが、肉体だけでなく精神的な面でもストレス(邪気)除去を促してくれると言われています。

トラウマ、情緒不安定、肉体的・精神的疲労など、あらゆる側面からのストレスへの抵抗力を高めてくれる薬草なのです。

トゥルシー(ホーリーバジル)が信仰心の深い国であるインドで古代から日常的に用いられているのは、そういったスピリチュアルな面でも高い浄化作用があるからではないでしょうか。

 

【‘魔除けの薬草’トゥルシー(ホーリーバジル)】

また、抗酸化作用のあるトゥルシー(ホーリーバジル)は、空気中の有害物質を中和し空間を浄化する働きもあるので、原産地のインドでは‘魔除けの薬草’‘邪気を寄せ付けない薬草’として、家の中に入ろうとするマイナスエネルギーを取り払うために玄関脇に植えている家庭が多くみられます。

ラベンダーのような美しい花を咲かせ、バジルとミントを合わせたようなとても爽やかで強い香りを放ってくれます。

なかなか強い植物なので、寒い時期に花がなくて枯れそうになっても芳香を放ち続け、強力に場を浄化してくれる感じです。

画像2

 

【スピリチュアルな側面からもエネルギーの浄化を!】

もしかすると、日常的にトゥルシー(ホーリーバジル)を取り入れることにより、精神的な深い部分(カルマ的なエネルギー)も浄化されていくかもしれませんね。

ハーブティーとして飲んだり、リーフをそのまま食べたりして、身体の内側から爽やかな波動を取り入れてみては如何でしょうか?

色々な悩みごとがあって心が重くなってしまった時、化学物質の入った食品を取り続け身体が重くなったと感じた時、病院や嫌な臭いのする場所に行ってしまった時等々……。

日常的になかなか避けられない様々な場面で、肉体面でもスピリチュアルな面でもトゥルシー(ホーリーバジル)はエネルギー浄化のサプリメントとなってくれるでしょう。

画像3

 

Hadou Designer-天空愛akua- のブログ
【✿.ティル・ナ・ノーグ✿.~妖精達の楽園~】
http://ameblo.jp/celestial-akua

アイリボン/天空愛(akua)と倉田航佑のスピリチュアルセッション
https://celestial-akua.amebaownd.com/

Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011981832748

 

《天空愛さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/akua/?c=88268