まるでサーカス? 絆を深め心を解放し、健康をもたらすアクロヨガ

「絆を深めることのできる」アクロヨガ。健康やダイエットだけでなく、私たちの人生にとって必要な不可欠な要素を与えてくれるということもあり、今後、話題となることは確実ですので、要チェックです。
まるでサーカス? 絆を深め心を解放し、健康をもたらすアクロヨガ

【無数に種類が存在するヨガ】

ヨガには様々な種類があります。複雑な体位(アーサナ)を重要視するものから、瞑想を中心に行うもの、マッサージやストレッチの要素が強いもの、一時期話題になったホットヨガのように、ダイエットや美を追究するもの、同じ「ヨガ」という名前がついていても、ひとくくりするのは難しいほど多種多様です。

そんな中で、そのユニークな手法によって話題となりつつある、新しいヨガがあります。それは、一見すると「サーカスのようなアクロバティックな体位」を取り入れた「アクロヨガ」。名前からもわかるように「アクロバット+ヨガ」がベースとなっています。

 

【現代ヨガの父もアクロバットには注目していた】

アクロバットとヨガの融合というのは、比較的古くから行われており、伝説的なヨガの師であり「現代ヨガの父」と呼ばれる「クリシュナ・マチャリア師」が、すでに現在アクロヨガで行われているような体位を行っている、1938年に撮影された写真が残っています。

しかしながら、当時はあくまでも実験的なものだったのか、アクロバットとヨガの本格的な研究が行われるようになったのは、1980年代に入ってからでした。「タイマッサージやサーカスの技術と融合する」などして、2000年に「AcroYogaMontreal」という組織が設立され、2003年からサンフランシスコを皮切りに世界で活動をはじめ、2016年現在、海外ではかなりメジャーなものとなっています。

331806857

 

【見た目だけでないアクロヨガの効能】

アクロヨガは一見すると、単なる見た目だけの面白さを追求したものに思えてしまいますが、実際は「ヨガの叡智」「タイマッサージの癒し」「アクロバットの運動」という、「スピリチュアリティとヒーリング、さらにはヘルスケア」という私たちにとって必要な要素がすべて網羅されています。

さらに、アクロヨガの特色としては、普通のヨガと違い、最低でも「二人一組」。基本的には「三人一組」で行う集団的なヨガである、という点があげられます。写真などでは二人一組で写っていますが、熟練者でないとバランスを崩した場合、とても危険なため、「スポッター」と呼ばれる、危険がないようにサポートする役割が必要なのです。一人で行うヨガと違って、パートナーと協力し、さらに相手に身をゆだねるという要素があることから、「心を解放し、絆を深くする」という一般的なヨガにはない要素が備わっているのです。

355117469

 

【アクロバティックな体位が持つ意味】

なぜ、わざわざアクロバティックな体位をとるのか? それにも意味があります。「空中ヨガ」のように、最近では「ヨガに重力を取り入れる」という試みが行われています。アクロヨガでは、二人でアクロバティックな体位をとることで、一人では感じにくい重力をより強く感じることができ、それによって「身体がしっかりとほぐされ、骨盤が調整されたりマッサージ効果」も引き出されるのです。さらに、相手を支えているパートナーは、「筋力が鍛えられ」、二人をサポートするスポッターは、「信頼関係や動きを把握するための感覚が磨かれる」というわけです。