感情を蓄積する第2の骨格「筋膜」とは?

一般的には、筋膜を癒着した状態から解放することで、血流やリンパの流れを正常にし、脂肪燃焼効果を高めて、ダイエットをするために使われることが多いのですが、もちろん、「感情解放」のために使うこともできます。
感情を蓄積する第2の骨格「筋膜」とは?

最近、注目を集めている「筋膜」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 名称から「人体のどこかの部分」ということはわかりやすいと思いますが、それがどこの部分なのかというと、「はっきりとわからない」という方が大部分だと思います。

 

【身体を内側から支える筋膜】

筋膜とは、人間の「筋肉や臓器を覆っているもの」であり、二層構造で出来ている繊維体。浅い部分を「浅筋膜」、筋肉を直接覆っている深い部分を「深筋膜」などと呼んでいます。筋膜は全身にあり、「骨や筋肉、臓器や神経、血管などを結びつけ、身体を内側から支えて」います。このことから、筋膜のことを「第2の骨格」と呼んだりもするのです。筋膜は、様々な「臓器を正常な位置にキープする」という役割をもっていますが、その機能は「比較的崩れやすい」ものです。

 

【歪みやすい筋膜】

筋膜はコラーゲン繊維と弾性繊維から構成されているのですが、「姿勢の歪みや、ストレスなどの影響」で比較的簡単にコラーゲン繊維が癒着し、弾性繊維の伸縮性が失われ、その結果、「間違った姿勢で固定」されてしまいます。このような状態になると、無理な体勢になっているために、「血流やリンパの流れが悪く」なり、また筋肉や骨格にも無理な負荷をかけてしまうために、「肩こりや腰痛などの原因」になってしまうのです。

このような状態を放置しておくと、最初は特定の場所に痛みが発生するだけですが、それがどんどんと身体全体に広がっていき、「身体全体に歪みが広がって、さまざまな不具合が発生」します。前述したように血液やリンパが流れにくくなりますので、「冷え性」になったり、むくみが酷くなることで、「お肌の状態が悪化し、しみやくすみが出やすくなり」ます。また、筋肉が十全に機能しなくなるために、「基礎代謝が低下し太りやすくなり、疲れやすく」なるのです。

206239933

 

【筋膜と感情の関係】

スピリチュアルな観点からみると、筋膜が癒着することにはもう一つの意味があります。それは「自らの感情が蓄積する」ということ。ストレスによって、筋膜が癒着するのは前述しましたが、それだけでなくエネルギーレベルでも「怒りや哀しみ、不安、心配といったネガティブな感情が蓄積する」といわれています。

そのために、筋膜に適切にアプローチすることができれば、自らも気がついていなかったような、「蓄積していた感情が解放される」というのです。

スピリチュアルな世界では比較的ポピュラーなボディワークである「ロルフィング」は、この感情と筋膜の関係に注目し、身体の歪みを皮下筋膜にアプローチすることで矯正するだけでなく、「心の歪みも矯正することができる」という理論を持っています。また、顔の筋膜にアプローチすることで、より笑顔を美しくし、さらには美容効果もアップさせるというアプローチをとっている美容法も最近では生まれてきているようです。

318796577

 

【自分で筋膜にアプローチする方法】

このように、非常に重要な意味をもっている筋膜ですが、ロルフィングなどの専門家に頼まなくても、「自分自身でアプローチする方法」があります。

一般的には、筋膜を癒着した状態から解放することで、血流やリンパの流れを正常にし、脂肪燃焼効果を高めて、ダイエットをするために使われることが多いのですが、もちろん、「感情解放」のために使うこともできます。

それでは、さっそくその方法を紹介しましょう。必要なものは「テニスボール」。テニスボールを「1〜2個」用意します。その2つを背中の下に置いて、仰向けに寝た状態で身体を上下に動かすようにしながら、テニスボールを移動させて筋膜に刺激を与えます。このとき、肉体的なポイントとしては、「ちょっと痛い」と感じるぐらいのポイントを刺激しましょう。

次に、その部分を刺激しながら、自分の「内面に注意を向けて」ください。意味もなく「怒りや哀しみ、不安」などがわき上がってきたとしても、焦ったり恐れたりしないでください。ただ、あるがままにその感情を見つめながら、テニスボールでの刺激を続けます。そうすることで、その「感情はすぐにクリア」になっていくはずです。

すでに、どこか特定の部分にしつこいコリがあるという場合は、テニスボールを手でもって、そこを「ピンポイントで刺激する」という方法もあります。自分の体重が使えないので、ちょっと力を強めに押しつけるか、じっくりと時間をかけて刺激するといいでしょう。

このときも、肉体だけでなく、内面にもフォーカスするのが重要です。漫然と行っているだけでも、筋膜の癒着を解消することはできますが、自らの「秘められていた感情を認識する」ことができれば、より効果的に感情も解放できます。

健康になるだけでなく、精神的にも自らの歪みを自然と解消してくれる手法ですので、「しつこいコリがある」という方、なんだかしらないけれども、「心の中のもやもやが晴れない」という方は、是非とも筋膜にアプローチしてみてくださいね。

Introduce the fascia.
Fascia to accumulate emotion.

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》