来世で出会うことを約束している~共に成長する相手「ソウルメイト」

来世で出会うことを約束している~共に成長する相手「ソウルメイト」

運命の人は1人ではない

ソウルメイトとは、魂の繋がりのある、一緒に成長していく相手のことです。何度も生まれ変わる度に、色々な経験をしながら、究極の「愛と知恵」を知るために、魂は生き続けています。ただ漠然と生まれ変わる人は、この世にはいません。関わる人すべては、あなたの魂の成長のためにヒントを贈って下さっています。そんななかでも、ソウルメイトとは、やみくもに「じゃあ、生まれ変わったら会おうね!」という約束ではなく、現世で決めて来たあなたの課題を通過した後、または、通過する前など、絶妙なタイミングで再会する約束をしています。

例えば、「今度は、許すことを学ぼう!」「創造的なことを学ぼう!」「家族を持とう!」というようなことを、何度も周りにいる魂達も考慮して、計画を立てて生まれて来るのです。

この究極の「愛と知恵」を知り、理解するために、何度も一緒に生まれ変わり、一緒に経験を積んで行くグループソウルもいます。そのグループソウルの中で、次はあなたとあなたが結婚して、私たちが生まれることにするという計画を立てたり、友だち、兄弟姉妹などになるかなど、お互いの役割を決めてから生まれて来ます。お母さんが前世では自分の娘だったり、恩人のような人が、前世では恩師であったりするケースもあります。

「赤い糸の運命の人」は、実のところ一人ではないのです。つまり、私がリーディングさせて頂き、似たような人と出会い、結婚の約束までしたとしても(または、すでに結婚しても)、別れるという決断をした場合でも心配しないで下さい。

ツインソウルとは何か?

また、別のソウルメイトに出会うときが巡って来ます。ぴったり合っている人との結婚はツインソウルです。しかし、ツインソウル(双子の魂)の場合は、当然片割れは一人しか存在しません。もちろん、ツインソウル以上のトリプルソウルも存在しているようですが、その場合は、ツイン同士が結婚するケースが見受けられます。

ただ、片割れのソウルと一緒になると、あまりにも似すぎていることで魂が成長できない人もいます。
どのような自分自身の使命や課題を学ぶことを実践するかによって、ソウルメイトの中で最も、あなたのエネルギーに引かれる人と繋がることになるでしょう。だいたいは、決めてから生まれ変わっていますので、一見偶然に出会っているように見えて、偶然ではないということです。

どのソウルメイトと一緒になるかは、『人生の目的』によって決まります。前世で憎みあったような人が一緒になる中で、一番難しい課題は潜在意識の中で相手に裏切られるのではないかという疑問が湧いて来ることがあります。そのため、今回は憎しみを乗り越えて、その相手と仲良くすることでカルマの解消になるのですが、相手に惹かれつつも、とても難しい関係になることもあります。

ですから、ソウルメイトとの出会い、そして、結婚がゴールではなく、そのソウルメイトと現世で何を克服するために一緒になるのか……。それを重要視することになります。どうしても、ソウルメイトという言葉からのイメージはロマンチックな白馬の王子さまが現われるような想像をしてしまいますが、自分自身が完璧でないのに、相手に求め過ぎると、ソウルメイトと出会うことから遠のいてしまいます。
『不完全だから生まれ変わった』ということを忘れないで下さい。

そして、相手も自分と同じぐらいの欠点もあるでしょうし、カルマもあるでしょう。ソウルメイトとは、出会った瞬間に自分を幸せにしてくれる人ではなく、一緒に手と手を繋ぎ、お互いの未発達な点を克服して、成長していく相手なのです。共に生きながら、愛を確かめ合い、時には喧嘩してお互いの欠点を許せる寛大な気持ちになれたり、泣いたり、笑ったりしながら、この世で一緒に学び、心を開ける相手にもなってくれることでしょう。

世界には星の数ほどの男と女が存在します。
美男・美女も存在します。そんな中で、あなたと、その相手が出会うことも決して偶然ではないのです。また、「周りが反対しても、好きで好きでたまらない」「困った人だけど、誰かが何と言おうと、どうしても好き」とかそういう気持ちが芽生えて来る人とは、ソウルメイトの可能性大です。完璧な人で、悪いところがひとつもないという状態の人とは、一生続くことは難しかったりします。大切なのは、相手が現世のあなたにとってベストなソウルメイトであれば、雨の日も、晴れた日も、お互いを励まし合いながら、成長して行けることでしょう。

そして、来世でも、また、違った役割で生まれ変わる約束を果たすことになるでしょう。
ありがとうございます。