千星の水晶について~Vo.1~安定・浄化・お守りなど目的を持って水晶を選ぶと効果的

水晶の歴史や効果、選び方を学んで効果的に持ちましょう
千星の水晶について~Vo.1~安定・浄化・お守りなど目的を持って水晶を選ぶと効果的

皆さまこんにちは。

12月5日公開の記事『★選ぶ色でわかる! 水晶で映す2015年、上半期の運勢とは?』では水晶と色を用いて上半期の運勢についてお話ししましたが、下半期の運勢を発表するまでの間、水晶についてできる限り解りやすく書きたいと思います。

水晶(石)は、人に近い存在であり、その心を映し出すと言われています。宝石のダイヤモンドやルビーとは違い、紀元前より霊的なものとして、あるいは開運のために御守り、呪術の道具として使われて来ました。

実際、日本でも水晶を御神体として祭っている神社も(有名なところだと山梨県の金櫻神社には5つの水晶玉が奉られています)あります。

仏教の世界だと、釈迦如来像の眉間に輝いてる丸いのが、水晶なのです。戦国時代の武将武田信玄も水晶の数珠を持ち戦い前の御守りとしたのでしょう。まだまだ数多く世界中にエピソードはたくさんあるのですが、何億何万年もの間に、今私が生きているこの大地の気を吸収して、水晶は育っている(人に近い存在である)ことは納得いくところです。

水晶を、もうすでに持っているという方も、これから持ってみたいという方、どんな石を持てば良いのだろうと思っている方のために、基本的な事など紹介させていただきます。

ポイント:今の自分が欲しい力(パワー)、何かを明確にすること。

そもそも水晶にはどの様なパワーの効果があるのか…

・精神の安定
・浄化作用
・御守り
・直感力、決断力、予知能力、集中力を磨きたい
・願望成就
・治療(病気の身代わり)
・気の流れを変え変化させる
・ダイエット(パワーの強い水晶は食欲を押さえてくれる)

このような効果を持っています。

全部の効果が欲しい(オールマイティー、一般的には透明水晶クリスタルクオーツ)、とりあえず最初に持つ石としてオススメ致します。

何よりもまず最初に、ただの物としてでなく友達になる気持ちで関わらないと、水晶は何も答えてくれないのです。

 

ポイント:エネルギーと共に共鳴し吸収し自分の内側に蓄積して放射する

そのようなイメージをもちながら奏でると、水晶は、きちんと答えてくれるんですよ。

いろんな効果を持つ石をご紹介して行きたいと思いますが、まずは水晶の王様とも言える(透明水晶)について。

総合的な開運に用いる基本の石で、気の乱れや、心の乱れを押さえてくれます。水晶にはパワーを倍増させる能力があるのでこれを持っている人、場所、物のエネルギーも倍増効果あります。癒し効果を利用するならば、寝る時に枕の下に置くと良い夢を見てぐっすり眠れるでしょう。

日常生活のなかでTV・ PC・ 携帯電話など電磁波を出す電化製品で満ち溢れていますが、人体に悪い影響を及ぼす側に置いておくと、電磁波を吸収・浄化する作用があるのです。

常に身に付けていたいならば、ブレスレットネックレスなど、ちまたにはパワーストーンのショップもあちこちに数多く見受けられるようになりました。まずは、実際にいろんな石を見てどの石にインスピレーションを感じるのか?

不思議なことに、自分が求めている石とは違う石が自分には合っていたり…。

何かを感じたならば、石が貴方に何らかのメッセージが隠されていることもあります。

石を感じる…この行いが基本なのかも知れません。

次回、(1月公開予定) 「水晶について~Vo.2」は 次の石についてのお話しや、浄化方法を書きたいと思います。

読んで頂き有り難うございます。