スピリチュアル・宮崎よりの手紙―PART.2 だれかの愛がお護りになる

スピリチュアル・宮崎よりの手紙―PART.2 だれかの愛がお護りになる

こんにちは!
スピリチュアル新人類ともくんのTRINITYWEBでの連載第6回目。

今回はあなたの身近な人々の想いのエネルギーが、実は“いちばん効力のあるお護り”
だった!、ということについてお話していきたいと思います。
子供をお持ちになるお母さんやお父さんで、いつも子供が学校でどんなことをしているのか、
今日は何があったのか、成人してからも成功したら飛び上がるように喜んだり
ほんとうに家族や親にとって子供たちはかけがえのない宝物といいますが

これにもスピリチュアルな世界の“発見”があります。

それは“愛がお護りの力としてはたら いてくれている”という気付き!
そこで発せられるイメージ力や、想いのエネルギーが見えないGPSのような電波となって危機を救ったり成功を後押ししたり
無意識のうちにバリアーとして働くことがあるんですね。神社のお守りよりも強い効力があるときも。

たとえば私の親戚の方の話で道沿いで転倒しバイクの事故にあいかけた後
危機一髪で助かって、上着を脱いだら衝撃がない箇所なはずなのに
不自然におばあちゃんのお守りがくの字に折れ曲がっていた、なんて驚きのエピソードも。

わたしたちは忙しく、日頃からそういうちょっとしたスピリチュアルな出来事に気付くシーンが少ないので
それを「偶然かな?どうしてこんな奇跡的なタイミングで救われたんだろう。鳥肌が立っちゃったな。」くらいで
あまり追求して考えることはなかなかないのではないでしょうか。
大切な人々からいただいた手紙、自分がその人の幸せをイメージしてあげたもの
誰かのことを心から素直に愛したり、幸せなシーンをイメージする、

実はこれが最高のスピリチュアルな守護性 になることがあるの!

悪い方向では生霊といって、浮気している旦那と愛人へジェラシーの念力を送っちゃったりネガティブな方向へ
わら人形などそういう効果を利用する人も古来からいますが、そういう念は大概返ってきたりいいことはないといいます
そうやって意識の力を応用して誰かを護ることも可能です。

わたしも親族や縁があった人には去り際に「この人が幸せになりますように、無事でありますように」
と、強烈にイメージするようにしています。パワーストーンに能力者などが入れる念入れも、このようにイメージの力を応用したものです。

実はこれを執筆する私自身、ここにいたるまで数々の人々より助けられてきた経緯を思い出します
いろいろな体験はあったけれども振り返ってみれば、ほんとうにどれもキセキ的な体験ばかり。
でもその危機一髪、出会いや別れも、みんな私がピンチのとき「救いたい!この子の為に!」
という愛であったり、霊界に旅立った人々からの忠告のメッセージであったり
表現しきれないほどのそんなスーパーパワーが重なって、私たちが生きるこの世界の上でのあらゆる現象となって
いたるところに顕われたりしてゆくのです。

昔、わたしが重度の霊的に弱い体質で日常生活が大変だったとき、母のお守りの神様の絵が星屑のようにたくさんの斑点として夜空のごとく美しくスパークしているではありませんか。
それは専門家の分析によるとお守りのエネルギー(高級なエネルギー体)と我が子を想う人間の祈りが
同じクラスにまで高まったためにリンクして起こった現象だったのだそうです。
親の愛とは無償なのだ、とこころから強烈に想わされた出来事でした。
そして亡くなった故人や言いそびれた言葉を伝えたい霊界の人々にも

想念は届いているのです。そういう人々に届けてあげられるとっておきのプレゼントが、“愛のイメージング”です。

「ありがとう、もう心配ない、僕は今幸せに笑顔で生きています。だからそちらで幸せに生きてください」

お花畑を想像したり、こころからそう願うと内容は一瞬にして手紙として届きます。
わたしも何かあったら便箋などに手紙をしたため、“霊界宛”として仏壇や神棚、引き出しにしまっておくことがあるのです。
具体的な質問や近況報告のときによくこの方法を使うのですが、
そのあと夢で一緒にその内容などを談話してたりその答えとなる言葉を人々の出会いのなかで教えられたりするんです。
(シンクロニシティともいう)
数ヶ月もそういう出来事が続くと眼に見えない世界とのコンタクトがスムーズになったりして
人間のイメージがどれだけ人生に幸福を与えてゆくのかを実感することが多くなります。
この方法は限られた人だけでなく、純粋に想うのならばだれにでも可能な方法ですので
やってみてみられてはいかがでしょう。しかし極力すぎてしまっ たお願い事、というよりは
「こんなこともあったよ、元気でね。」くらいのニュアンスで爽やかな気持ちで通信するように心がけましょう。
自分たちで進むことを祈りながらも守護霊たちは見てくれています。

皆さんの奥底にサイキックな力は宿っているのです。

交流が開けITが発達したいまだからこそ、あらゆる方法でみんなが一丸となって、
その巨大なプラスのエネルギーを集合させて、
いろんな場面より繋がりあって、すべてを切り拓くときだとおもいます。
わたしたちが今ここに立っていられるのは、そういった霊界も含め多くの人々の“想い”のパワーが深く関係しているのでは、と
おもわされたりするシーンが多くなります。インターネットのメール便とおなじ、
それ以上の速度で世界全体に届くのが“イメージの力”です。虫の知らせも同じです。

この現代でさえも誰かの幸せを祈るたましい、

愛のエネルギーが物質を超えて世界を救うこと、

自分の人生を感動させて、いつでも変えてきたことは、リアル(現実) だと感じているのです

人間の真心がすべてを溶かして、変えてゆく―

そんな真実が存在することを、わたしたちはいつでもわすれずに信じて護り、歩いていきたいものですよね。
きっとどんなに強い霊能力を持った能力者であっても、人間の奥底に眠る
誰かの幸せを願う“愛の魔法”にはかなわない―。
わたしたちの本当の力はじつはこの大宇宙がお与えになった、
はかりしれない巨大なもののためにあると想わされる瞬間があるのです。
いま、あなたがここで笑って、生きていてくれることが震災以降この瞬間を噛み締めるわたしたちにとって
大きな希望だと想います。霊界もそれを望んでいます。
アセンションとは、そんなみんなの笑顔のつぼみが花開き、前向 きに行動型へ開花されてゆくべき世界なのだと感じてる
たましいとは、肉体のどこかにあるのではなく
あなたの中心線とシンクロする、この宇宙そのものなのかもしれない
誰かの喜びをイメージして生きるとき、自分自身が計り知れない大きなエネルギーであり、おおきな、おおきな存在(大我)だったのだと私たちは思い出すのです。

そうです。“人に与えていきたい”とイメージするだけで、すべてが変わります。

誰よりも本当の幸せを生きてゆくことができる。
数多くの成功を手に入れ
幸せを感じて自分の大宇宙を歩き出してゆくことが可能となります。
だれかの愛が、自分と世界を包み込むたましいの“お守り”になるのです。
それさえあればきっとどん な困難だって乗り越えられるし、確固とした信念のもとパワーに包まれた
わたしたちのサイキックな力が世界を照らし、変えてゆくでしょう。
あなたのことを世界で誰よりも大切に感じてる
ほんとうに届けたいものがある
あなたは奇跡です。あなたの内側には多くの人々の愛が詰め込まれている
道に迷いそうなとき、そのこたえをもう一度選んでください。

「あなたのすべてはやさしさなのです」

誰かの幸せを願うイメージ力がひらくあらたな幸せを、どうか体感していってください
それはみんなができる方法です。

新時代大開花天術基地TOMOのいわと
天術家 天華とも