ミラクルムーンから満月へ

ミラクルムーンから満月へ

ミラクルムーンは見られましたか?

こんにちは、MICHAEL Yukiです。
秋というよりもすっかり肌寒い日が増えて、着々と冬が近付いて来ていますね。11月は「霜月」と呼ばれます。そろそろ衣替えも完了しておかないと夜はかなり寒くなっていますね。

さて、早速ですが、今回は最近の月の動きのお話です。
11/5は「ミラクルムーン」と騒がれていましたが、皆さん見ることができましたか?
色んなものに書いてはあるものの、詳しく書いてあるものが少なくて、触りだけだと何が何だか?という方もいらっしゃると思いますので、少し「ミラクルムーン」の説明を書いてみましょう。

通常「お月見」というのは、十五夜と十三夜を両方セットで考える、と言われます。その昔、平安時代には、旧暦8月15日の「十五夜(中秋の名月)」と、旧暦9月13日の「十三夜」は名月といわれ、あわせて眺めるのが古くからの習わしでした。また、両方の月を見ないと「方見月」と言って良くないとされ、忌み嫌われていたそうです。

そして、今年は、2014年は9月8日が中秋の名月(十五夜月)で、10月6日が十三夜月でした。例年だと名月はこれで終わりですが、2014年は3度目の名月がありました。国立天文台によると、1年に2回の十三夜は171年ぶりということで「ミラクルムーン」と騒がれていたわけです。
どうしてこういうずれが起こるかというと、旧暦は現在の暦(365日)に比べて日数が少ないため、約3年に一度、一か月ずれてしまっているために、閏月(うるうづき)を挿入して暦を調整しています。月の満ち欠けでカレンダーができているのが月の暦の「太陰暦」ですが、通常使っている「太陽暦」では、閏年には2/29としての一日を追加していますが、「太陰太陽暦」というのでは、特有の調整方法で、一か月を追加して調整をつけています。閏月が挿入されるタイミングは、月の周期で決まります。
「9 月と 10 月の間に閏月を挿入する」という決まりがある訳ではありませんが、たまたまその9月の満月の後に、閏9月が挿入されたので暦の上では旧暦9月13日が2回出現するため、十三夜も2回になる、という現象になったのです。

皆さんどういう日だったかわかりましたか?
その閏月が今年の前、挿入されて「後の十三夜」が出現したのは1843年(天保14年)ということで、171年ぶり、というので騒がれていたのです。
というと、次回も同じペースだとすれば、生きているうちには確実に見ることができない、というので貴重な月だったわけです。
幸か不幸か、こういう天体ショーの時になると、なぜか私の住んでいる辺りは、雲に覆われてしまいます。

前回のスーパームーンもそうでしたが、昨夜もダメでした。
このところ、おうし座流星群が見れるかも?という情報もありますが、果たして夜きれいに見れるでしょうか?
あとは、仕方ないので、先の12月のふたご座流星群を楽しみにしようかと思っています。

11月7日 7:23におうし座の満月になります

さて、随分とミラクルムーンの話が長くなりましたが、本題の満月の話です。
11月7日に満月を迎えます。今回は、朝方、7:23におうし座の満月になります。今年もほぼ後半の中で迎える今年残すところ後2回の満月。色々と達成しておきたいことをこの日までに完了しておけると一番良いのですが、今月11月22日に迎える新月に今年の締めくくりにふさわしいお願い事をするとして、今月は、年末に向けて臨時収入があるように、しっかりと「お財布ふりふり」をやっておきましょう。
これは、本当に効果があった、という報告もありました。その方は、今までやったことなかったけれど、やってみたら、不思議と臨時収入があった、と喜んでいました。
やり方は簡単です。お財布の中からレシートやカードを取り出して、満月の外気に触れるようにして、外で光にさらすようにお財布の中に月の光が入るようにして「今月も臨時収入が沢山ありました、ありがとうございました。」と完了形で行うのがよいでしょう。
人によっては自分なりのおまじない的な言葉を追加してみてもいいかもしれません。
ただ、イメージでしっかりとお財布の中にお金が入ってくる、というのをしておきましょう。
なんだかこれは残念なことなのですが、お金の話をするのは、卑しいとか、お金を受け取ることは、良くないとする方々がいるようですが、自分が嫌っていれば、相手は寄ってきてくれません。人間関係と一緒です。
相手に好意を持たなければ、お互い近しい存在にはなれません。そのため「なぜだかお金が入ってこない」という方は、お金に対する接し方を一度振り返ってみてください。
お金に対してどういうイメージを持っていますか?悪いイメージを持っていませんか?
ポジティブなイメージを持っていますか?ちゃんと受け取ることを自分に許していますか?お金が好き、というプラスのイメージを持っていますか?
一度こういうイメージの整理をしてみると、だんだんと状況が変わってくるでしょう。
お金を支払う時にも、少し心を変えてみて下さい。「ありがとう」と言ってお支払いをすると、有効にお金を使えている自分に対してもポジティブなイメージが持てるはずです。出ていくとスペースができるので、そこにはその空きを埋めるべく、やって来るものがあります。受け皿を作った、くらいのつもりの気持ちでいられると、次も容易く入ってくるようになります。こういったサイクルを作るのも、月の満ち欠けとともにやっていくのもまた、楽しいと思います。では、素敵な満月をお迎えください。MICHAEL Yukiでした。

次回はまた新月の頃に…。