秋といえば柿!~柿が赤くなれば医者が青くなる?~

秋といえば柿!~柿が赤くなれば医者が青くなる?~

旬の食材がおいしいのはなぜ?

先日、お土産に柿を戴きました。とても大きくて立派な柿でした。
久々にこんなに甘くて美味しい柿を食べた気がします。
もうすっかり秋も深まってきましたね。どうりでホッカイロが恋しくなってくるわけです。

それはそうと、秋はやっぱり食べ物が美味しいですね。
特に季節の食べ物、いわゆる旬な食材ってとても美味しいです。
旬の食材が美味しいのには、ちゃんとした理由があります。
野菜や果物は意味もなく生えているのではなく、
その時期に必要な栄養素を持って生きているのです。
だから、私たちが旬な食材を食べたくなったり美味しくなったりするというのは、
その季節、その時期に必要としていることを本能的に理解しているからなのです。
今は保存料や冷凍の技術が発展したり、海外貿易も盛んになったりと、
四季関係なく、ほぼ何でも手に入りますが、出来れば地産地消で
旬なモノを食べることが最もオススメな食べ方です。

今回は、旬の果物・柿のお話をしますね。
どんな柿が美味しいの?
まず、柿のへたの部分をチェックしてみてください。
へたがキレイで4枚揃っているもの、なるべく葉の緑色が残っているものが良いでしょう。

次はへたと実の間をチェックしてみてください。
へたと実の間に隙間が無いもの(へたが柿の実に張りついている)が良いです。
隙間があると虫が入り込んでいる可能性があるようです。

そして、最後に全体を見てください。形が整っていて、
濃いオレンジ色に色づいているもの、
しっとりした張りのある皮のもの、ずっしりと重みがあるものが良いでしょう。

もちろん、信頼できる人や地物農家の方などに「どの柿が美味しいかな?」と
素直に聞いてみるのも良いと思います。
そういう会話が人と人の交流を深めてくれますからね。

ちなみに、旬の時期は地域によって若干異なりますが、
10月、11月なので、今が食べごろですよ。

柿のもたらす効果とは?

最近は何でも身体に不調があると薬で身体をコントロールしようと思いがちですが、
可能であれば食べ物を利用するのが一番です。
柿の有名な薬効は、高血圧です。夜尿症(おもらし)にも効果があります。
お肌に関して言えば、かぶれ、しもやけにも効果があります。
まだ忘年会シーズンではありませんが、二日酔いにも効果があります。
でも、二日酔いになってしまうほど飲まないように
最初から注意することをオススメしておきますね。
こういうことって、意識と習慣が大切ですからね。

補足ですが、お酒を飲む前に先手を打って柿を食べておくのも
OKです。悪酔い対策にオススメですよ。
酔うと言えば、お酒の他にも乗り物がありますよね。
何と柿には乗り物酔いにも効果がありますので、
車などに酔いやすい方は柿を常備しておくと良いかもしれません。

ちなみに、柿はビタミンがとても豊富です。特に柿はプロビタミンCというモノをたくさん含んでいます。
プロビタミンCとビタミンCは何が違うのでしょうか。決して難しく考える必要はありません。
簡単に言うと、ビタミンCの前段階と思って下さい。
プロビタミンCを体内に取り込むと、お馴染のビタミンCに変身するのです。

シミ対策の化粧品や医薬品にも使われています。
ちなみに大きめの柿なら1個食べれば、1日に必要なビタミンCが摂れてしまうという優れモノです。
ビタミンCの他にもビタミンAも、たくさん含まれています。
ビタミンAも、皮膚や粘膜に良い影響をもたらしてくれる大切なモノです。

秋と言えばだんだん寒くなってくるので、風邪をひきやすい季節でもありますが、
柿は喉の粘膜を強くしてくれますし、
ウィルスに対する抵抗力もつきますので、風邪予防にもなります。
やはり、旬な食材は、旬なりの意味がちゃんとあるのですね。
当たり前ではありますが、もちろん食べすぎには注意してくださいね。

これは柿に限った話ではありませんが、
何でも食べ過ぎたら害になります。何ごとも程々にお願いしますね。
秋は、本当に美味しい食べ物がたくさんあって楽しいです。
あなたも、旬な食材で心身をどんどん健康にして下さいね。