幸せタイムリー ~幸運を引き寄せ運勢を好転させる方法 運を強化し、願いを叶えるキーポイント PART.46

幸せタイムリー ~幸運を引き寄せ運勢を好転させる方法 運を強化し、願いを叶えるキーポイント PART.46

こんにちはATPの友紀です。本日は私が忙しい為、知人のノンフィクション短編小説家の青龍(チンロウ)さんをご紹介します。私とは全く違った題材のものを扱っている方ですが、こういったケースが実際にあるということで青龍さんの作品をご紹介させて頂きます。

~ ぼったくりバーの女たち「私、男さんに悪いことをして来たの」54歳 ~

私の名前はアマゾネス。
店で呼ばれていた名前よ。
子供が4人のバツイチ。
これまで大変な思いをして生きてきた。
一人で子供を育てて生きていくためには悪いことをするしかなかったの。
そう、必死だった!
「私、上げマンなの」
これが私の男を落とす“決め台詞”!
大抵の男はこれで落ちるわ。
なぜって? だって、このお店に来る男達は皆、不幸な男達。
家庭が完全にぶっ壊れている不幸な男達。
幸せを追い求め、彷徨い続けて、この店に辿り着くの。
「自分はもっと幸せになれないのか?」
「自分の人生はもっと上がらないのか?」
そんな男達を落とすには、もってこいの“決め台詞”!
私、男さんに悪いことをして来たの。
だから男運がない。
男さんに、さんざん悪いことをしてきたから。
「因果応報」
男さんに悪いことをしてきたから、だから男さんに嫌な思いをさせられるの。
付き合う男達はいつも同じ。
いつも、いつも、同じような男と同じような関係を繰り返してしまう。
度重なる売春で自律神経失調症になってしまったの。
そう私は男運のない女。
今の彼は貧乏だけど、私と同じ生き方をしてきた。
そう、私、男さんに悪いことをして来たの。
そう、彼は唯一、分かり合える人なの。
でも、いつかもっともっとイイ男をゲットしてみせるわ!
女にも同じようなことをして来たわ。
特に、明るく前向きに、自分を素直に表現している女は心底許せなかった。
どうして彼女ばかりがもてはやされ、支持されるのか!
突き落としてやりたい気持ちでいっぱいだった。
でも、どうもがいても自分にはそうなれなかった。
自分はどうしてこんな目に合わなければいけないのか?
何が悪いのか?
そう私は男運のない女。
いつも、いつも同じような男と同じようなパターンを繰り返してしまう。
「次は、きっとイイ男に出会えますよ」占い師さんはいつも言ってくれるの。
だから、そう信じて、日々、頑張っているわ。
「男さんに悪いことをしてきた」もう数十年前の話。
今は、まともな仕事で身を立てているわ。
私はぼったくりバーの女。
そう、男さんに悪いことをしてきた。
私はぼったくりバーの女。
今はまともに生きているの。
友達作りはもっぱらラインやフェイスブック。
自分の為に何一つ投資をしてこなかった。
資格?
家?
お金?
それも才能なの?
ひとつでも生かせるものがあれば。
最初から自分には無理だとわかっていたの。
そう、他力本願、男に期待していた。
男に幸せにしてもらえると信じてた。
「次はもっとイイ男に出会えるから!」占い師さんは言ってくれるの。
貢いだ男達よサヨウナラ。
あ~、今日もひとりお酒とタバコ、奈落の底に突き落とされる。
次はもっとイイ男に出会える。
占い師さんがそう言ってくれるの、、、。
イイ男に出会えるって。                ~ つづく ~

 

青龍さん、ありがとう!
男性陣達、飲みに行く時はくれぐれも気を付けてくださいね(^^♪
これは氷山の一角で、こういった類の店は男が店に入ってきた時点で、ママやホステスが同盟を組み、「この男からは1,000万円」と金額を組み立てます。
ホステスが単独で一人で行っていることもあれば、お店ぐるみでやる場合も多いです。
近年までは、ぼったくられた男性側だけの責任になっていましたが、こういった状況に導いた女性ホステスにも問題が問われるべきだと思います。
私は占い師を本業としていることから、この類の相談にも何件かのったことがありますが、その手口は悪質極まりないというのが現状です。
男性側、女性側、どちらの相談も可能ですので、勇気のある占い師・友紀にいつでも相談して下さい。

次回は私、友紀の記事を掲載しますので、楽しみしていてね