皆既月食の満月

皆既月食の満月

こんにちは、MICHAEL Yukiです。

今回の台風はかなりの地域で色々と災害をもたらしながら、あっという間に過ぎて行きましたね。

これも、もしかしたら秋の台風シーズン到来ということなのかもしれませんが、被害に合われた方、大丈夫でしたでしょうか?なるべく最小限でありますことを祈っております。まだまだ続々と台風が来るような感じもありますが、なるべく無理をしないように、身の安全を考えて行動するようにされてください。

仕事に行くのももちろん大事かもしれませんが、可能な限りあまり無茶をしないようにしてください。

ブラッドムーン天体ショー

さて、今回の満月ですが、皆既月食が牡羊座で起こる満月となります。また、満月も「ブラッド(血)ムーン」と言われるほど、赤く見える月となります。

これも、地平線近くにある時の方が赤さが増して見えるので、日没後、19:51の満月の時刻をぜひ確認してみてください。

今回の流れですが、月が完全に地球の影に隠れるのが、皆既月食ですが、その完全に隠れる時間(食の最大)は19:54で、その前18:14からだんだんと部分食が始まって、月が徐々に赤くなっていきます。
真っ赤になるのは完全に隠れる時間の食の最大時が赤さもピークで、そこからは、20:25までで「ブラッドムーン天体ショー」は終了となります。

また、赤い月、ということで、不気味に感じられたり、何か不吉なことが起こる前触れというように言われたりもしています。

これも、もしかしたら、迷信かもしれませんが、これを信じるも信じないも、その人次第なのですが、一つの事実として、太陽、地球、月、と一直線に天体で並ぶということが、地球に及ぼすエネルギーとして、一説には、地震が起こる前兆として言われているとも考えられています。

皆既月食も、3年ぶりに見られるのですが、次回は来年の4月4日にも見られるそうです。

いつもこういった天体ショーの時に天気が良くなることを願うのですが、皆既日食の時も、私はすっかり天気が悪いというので、見逃してしまったので、今回のような「何年振り」という言葉にはついつい弱くて、わくわくしてしまいます。

写真を撮るのが好きな方は、ぜひともナイスアングルを探しておいて、まさしく真っ赤になる時間帯にベストショットを撮ってみてくださいね。

世界中では、色々なシチュエーションで撮影されている方がいらっしゃいます。歴史的な建造物だったり、人と月だったり、色々とイマジネーションも膨らませると、素敵な写真が撮れることでしょう。

なかなか好天に恵まれない天体ショーですが、今回はどうでしょうか?

台風一過できれいに空が晴れていることを願っています。

満月の日には叶う時が来ることを頭の中にイメージして

さて、満月に関わるお話として、ですが、満月は、いつもどんな気持ちで過ごしていますか?

「満たされる」という気持ちを感じながら瞑想をしてみたことはありますか?

特に満月は「満たされる」とか、「達成」「円熟」というようなイメージがあります。
達成したいことはもちろん、新月の日にお願いごとを手書きで書いて、自分の気持ちをスッキリとまとめます。
その物事が何かしら変化して望み通りに叶って行くまでが、満月までのサイクルと考えますが、一度決めたことをあれこれと心配しないのも大事なことです。達成されることを疑わず、満たされた時と気持ちを前倒しで感じます。
一度の満月までの間に達成されなかったとしても、天が与えてくれる最高のタイミングがあるはず、ということを信じて、必ず叶う時が来ることを頭の中にイメージして、叶った後の自分が居るイメージをしっかりと満月の日にすることを習慣にしましょう。
引き寄せの法則は、思い描くことも大事なプロセスです。
明確なイメージが無けれは叶いません。
レストランで、ちゃんとオーダーしなければ、注文通りの品は出されることが無いのと同じです。
いくら、特別メニューをオーダーしたとしても、これこれこういうもので、ということがしっかりと天に伝われば、後は叶うのを待つだけです。
まったりとした時間の中で、その気持ちを味わいましょう。
ブラッドムーンに、ポジティブな気持ちをぜひ思い描くことにしてみてください。
あまり騒ぎ過ぎることなく、自分との対話に時間をかけてみてくださいね。

では、良い月が見られますように!

MICHAEL Yukiでした。