心理セラピストが語る!『当たり前だけど言われてみればそうだなという勉強法』とは?

心理セラピストが語る!『当たり前だけど言われてみればそうだなという勉強法』とは?

僕は子供の頃から勉強が大嫌いでした。学校の勉強に限らず、飽きっぽく何でも直ぐに投げ出していました。面白そうと思っても、少しでも追究しようとすると一瞬で面倒になって他の面白い事を探し始めていました。

だから、この記事を読んで下さっているあなたを含め、みなさんとても真面目で勤勉だなって思います。僕の記事は自分で言うのもなんですが、難しいテーマが多いので軽く読み流すには不向きなものです。だから、極論を言えば数行読んだだけで飽きてしまう方も正直多いと思います。しかし読者さんの大半はじっくりと読み深め、自分の中で咀嚼し、頭を使って下さっているようで、とても嬉しく思います。いつも本当にありがとうございます。

学校の勉強にしろ、仕事の勉強にしろ、生き方の勉強にしろ、一生懸命勉強する事はとても大切なことだと思います。そんなわけで、今回は勉強法についてお話したいと思います。

勉強と言っても何の勉強でも良いのです。学校の勉強以外でも、ダイエットをするにしてもファッションセンスを磨くにしても、自己啓発するにしても、何かしら勉強すると思います。僕の言う勉強というのは「あなたの人生に役立つ、充実させる、輝かせる何かを学ぶ事すべて」と解釈して下さい。

もしかしたら僕同様に、直ぐに飽きてしまったり集中できなかったりする方もいらっしゃると思います。折角やる気はるのに、モチベーションが続かない。これが原因で自分はダメ人間なのではないかと自己嫌悪に陥ってしまう人も多いと思います。これが数回繰り返されると自己嫌悪が自己否定に発展してしまいかねません。そうすると、そのままズルズルと負のスパイラルから抜け出せなくなってしまうという罠に陥ってしまうかもしれません。

重要な話なので頭に叩きこんで欲しいのですが、それは決してあなたに根性が無いわけでも向上心が無いわけでもないという事です。だから、あなたはダメ人間なわけでもありませんし、もちろん自己否定したり人生を諦める必要はまったくありません。今回の話で一番大事なポイントです。もし、あなたの知り合い等で、何かを勉強しようとしてモチベーションが上がらず自己嫌悪に陥っている人がいるとしたら、「あなたは悪くない」と教えてあげて下さい。

では、勉強する際、直ぐに飽きてしまう、モチベーションが上がらない理由は何かという事が問題になって来ますよね。それは大きく分けて3つあります。

1.健康の問題
これは言うまでもありませんが、強調しないと意識してくれない人が本当に多いです。勉強に限った事ではありません。人生でもっとも大切なのは健康です。心も体もきちんとケアしてあげること。これがとても大切になって来ます。もし不調を感じたら、食事、睡眠、運動を見直して下さい。栄養をつけるために肉をたくさん食べなさいとか、眠れなくても睡眠薬を飲んででも寝なければならないとか、筋骨隆々目指して運動しなさいとかそういう話では無いです。自分の中での適量を継続して下さい。この段階でつまずくと先に進めなくなりますので、場合によっては信頼できる専門家にご相談下さい。

2.邪魔者がいる
人が何かに一生懸命なのに邪魔して来る人って必ずといって良い程、一定数は存在します。これを徹底的に排除して下さい。自分が信念を持って固い決意をして頑張ろうとしている事に対して鼻で笑ってきたり、ダメ出ししてきたり、冷やかして来たりする人は、そもそも友達でも仲間でも何でもありません。「そんなことしたって無駄だよ」「どうせ無理だよ」と言って来るドリームキラーに決して屈してはなりません。こうした悪縁をいつまでも放置していると、それそものものが人生をネガティブなモノにしてしまいます。勉強とは関係なく思えるかもしれませんが、それそのもの(悪縁対策)が人生で最も大切な勉強でもあるのです。どうしても距離を置けない相手の場合は、その場だけ相手に話を合わせて、出来るだけ邪魔者と関わらなくて良い環境で勉強して下さい。

3.勉強方法が合っていない
学校の勉強を例に挙げると、まず教科書というものがありますが、これがまた役に立ちません。難しい事が難しく書かれているだけで、授業である程度理解できないと、復習するにしても何にしても教科書を読みこなせません。先天的才能を持って生まれた人は別ですが教科書だけで勉強して成果が上がるなら誰も塾に行ったり通信教育を受けたりしないと思います。そうなって来ると別の勉強方法が必要になって来ます。その時の注意点ですが、塾にしろ参考書を買うにしろ、自分のスタイルに適して物を選んで下さい。
 
 
勉強だけではわかりづらいかもしれませんのでダイエットの話をします。痩せたいと思ったらダイエットの勉強をすると思うのですが、これも自分に適したスタイルを早く見つけることが大切です。流行に流されては痩せません。業界に踊らされて終わるだけです。たとえば、「食事を減らして痩せる方法」が好きな人は、食べ方の勉強を徹底した方が良いです。ここで「筋トレが良いよ!」と言われてスポーツジムに入会させられても運動が嫌いな人には苦痛でしかありません。逆に、食事コントロールをしようとするとストレスがたまってイライラしてしまう人であれば、それこそ運動で痩せる方法を徹底的に勉強した方が良いです。

ビジネスパーソンだと「成功者」に憧れる人は多いと思いますが、これも誰を参考にするかはとても大事です。気合と根性が大好きなタイプの人が「努力はしない方が良い」という成功法則を勉強しても違和感があると思いますし、そういう人は気合と根性で幸せになったと思える人の本を読むなりセミナーに行くなり弟子入りするなりした方が良いのです。

人生は常に勉強です。勉強というと学校とか受験とか資格試験とか昇級試験とか、そんなことばかりにフォーカスしてしまいそうですが、本来勉強とはそういうものではありません。如何にして、自分の人生を充実させ、あわよくば社会に貢献できるかを追究する事こそ、勉強なのです。そして人間には個性というものがあります。だから、万人に通用するノウハウやメソッドなど無いと言っても過言ではありません。だから、目的も手段も無く勉強しても、心に響くモノがないのでモチベーションが上がらないのです。

もし、あなたが何かの勉強で挫折したとしても、その時は「新しい勉強法を探す。もしくはもっと適した勉強法を探すというプロセスを学ぶ時期なのだ」と解釈して下さい。そのようなマインドセットを持ち続ける限り、あなたはますます成長して行くと断言します。