スピリチュアル万華鏡No.13 スピリチュアルなパワーを高める毎日のレッスン。

スピリチュアル万華鏡No.13  スピリチュアルなパワーを高める毎日のレッスン。

潜在意識の学び、キーワードは「習慣化」

毎回、宝箱のように飛び出す内容に、心惹かれます!そんなご意見を頂いております。ありがとうございます!嬉しい限りです。これからも、誰かに聞いた話や、本で読んだ内容だけなく、自らが体験して「伝えたい」そう思ったメッセージを綴って参ります。楽しみにしていてくださいね。

潜在意識の学びは、意識の学びの過程と、全く違う構築(仕組み)になっています。意識の積み上げは回数で積み上がりますが、無意識の勉強過程は毎日コツコツ積み上げ式になっています。意識の学びはスグに「分かった」「なるほど」そんな見解になりやすのですが、潜在意識は、「習慣化」するほどに慣れ親しむことが大前提でして、1、2回繰り返したぐらいでは浸透しないのです。ですから、「頭では分かっていても、実際にはできない」そんな矛盾が起きてくるのですね。
時代は10年サイクルでひっくり返るように変わっていきます。心理業界でいえば2年前まではNLPのようなテクニックが流行っていて、脳科学ですとか、速読などという、意識を刺激するようなテクニックが流行る時代でありました。現在は潜在意識、いわば無意識を「感じる」スピリチュアルな時代になってきています。ですからスピリチュアルな学びを取り入れることこそ、時代の流れであるとも言えます。スピリチュア性を高めるには、一喜一憂では体得できない理由がございます。それは意識と無意識の世界観が全く異なる為に、水と油のように相違していることが一つの要因であります。ですから、無意識の学び方に合わせてトレーニングするしかないと言えるのです。

潜在意識の働きに合わせて日々のトレーニングを

潜在意識に覚えさせる為には、毎日コツコツが基本です。
1回、2回という数では無く、毎日でないと重要性を認識できません。この潜在意識の働きを利用して、スピリチュアル精神を高めるのに一番オススメなのが「食事」になります。心理カウンセラーの方は、特に意識しなくても、この流れに乗っている方が多いです。心の世界を導く方になりますから、必然にそうなっていくのが当たり前だとも言えます。

食物には波長がございます。エネルギーの固まりである食事を、自らの体内に選んで取り入れる行為こそ、スピリチュアル能力を高める第1歩とも言えます。
「毎日選択して取り入れる」この毎日の習慣に、スピリチュアル精神を高める秘術がございます。
食物には、その食物の記憶やエネルギーが詰まっています。動物であれば動物の性質が波長として宿っています。ですから、人間の精神に近い、肉食の動物を撮らないと決めて、魚、野菜食を心がけるだけでスピリチュアル能力は高まります。毎日、毎日、波長の高い自然な食事を心がける、この行動が、無意識に浸透していきます。そして、「スピリチュアル的になるのだな」そう無意識は反応し、スピリチュアル能力を高めようと潜在意識が動いてくれるのです。
求めなくては現状維持を保つ潜在意識ですから、今以上の能力を期待するのは難しいです。習慣こそ無意識に伝達する手法とも言えますので、毎日の食事から気をつけて、最低1週間は意識しながら心がける努力をしてみてください。驚く事に、食事をする際に味の波長を感じるようになってきます。お肉の波長や匂いにも敏感になりますから、トレーニング後には自然と波長が重い食べ物を、受け付けなくなってきます。
コラムを読んで下さっている方の中には、既に野菜食な方もいらっしゃるかと思います。スピリチュアな能力を、もっともっと高めて、チャンスに敏感な自分作りをしていきましょうね。