【開運行事】ご先祖様に感謝し世界の平和を願うとき

【開運行事】ご先祖様に感謝し世界の平和を願うとき

ご先祖様が近しくなるお盆

あなたの本来のパワーを発揮し望み通りの幸せな人生を実現する
開運言魂文字のアーティスト☆紫水です。

今回はお盆についてお話しさせて頂きますね。前にご紹介した内容と重なる部分もありますが、ご了承下さいませ。
「お盆」は「盂蘭盆会〔うらぼんえ〕」を略した言葉で、 サンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)からきており、 「逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要」という意味なのだそうです。それが日本の祖霊信仰と習合したようです。
日本でのお盆は、祖先の魂を迎えご供養しまた送り出すことを目的としていますね。一般的にはあなたもよくご存知の通り、13日にお迎えし14日15日でご供養しそして16日に送り出すという風習になってます。
お位牌の前になすやきゅうりで作った牛や馬を供えますが、子どもの頃は何故飾るのか分かりませんでした。以前調べた所ご先祖様の霊が「きゅうりの馬」に乗って早く来てくれ、そして、名残惜しいので「なすの牛」に乗ってゆっくり帰るようにとの願いを込めたものなのだそうですよ。
また、この時期に行なわれる「盆踊り」も、精霊を迎え、慰め、そして送るための踊りであったと言われています。幼い頃に徳島の『阿波踊り』を観たことがありますが、とても華やかで熱気があって自分も踊り出しそうでした。

今のあなたや私がこの世にあるのも、ご先祖様あってのことですね。
この世に存在するあなたや私が魂を浄化し、またこの世の活動を喜び、楽しみ、 日々幸せに感謝して過ごす事で、
ご先祖様の魂も益々救われるように思います。
お盆だけでなく、日々ご先祖様に感謝の想いを伝える事が大事ですが、折角、ご先祖様が近しくなるこの期間に改めて、親しみを感じ、感謝の想いを伝えることも素晴らしい機会と思います。
ご先祖様をずっと辿ってゆくと全人類の先祖は一つの大元にゆきつくと言えますね。

多くの方が意識してらっしゃるようにこの地球全体が大家族なのだといえます。家族同士で戦争をし合うなんてなんとも哀しく愚かしい出来事です。早くその事に人類全体が気付いたらと思えてなりません。。。
あなたのご家族だけでなく、お住まいや職場など、身近にいらっしゃる方々も、もとを辿ればみなさん家族の一員なのですね。 大好きな方もちょっと苦手と思う方も皆、兄弟姉妹なのですね。そう感じると、日々より平安に過ごせるように思います。
人類という家族皆で、我が家である地球をより愛と光りに溢れた星に戻してゆきたいものです。
この世は自分で生み出しているので、自分の中に完全な平和を見いだしたら地球は完全な愛の星になるのかもしれません。。。

世界はもともと愛という1つの存在で、全ての人の魂は美しいことを伝えるべく活動しています。
多くの方が開運されている紫水の開運アートや開運グッズやセッションなどの詳細は、下記をご参照下さい。

今日もあなたにとって幸せな事が沢山訪れますよう。
あなたの魂が輝く1日と成りますよう。
あなたの愛ある魂の願望が全て優雅に叶いますよう。
常に素晴らしい地球であり続けますよう。
今日が人生で最も美しい1日となりますよう。

参考:Wikipedia/日本いろは辞典

開運言魂アーティスト 紫水

============================
以上、開運言魂アーティスト 紫水ブログからの転載
(全ての内容について紫水が著作権を保持しています)
『あなたの本当のパワーと才能を引き出す開運アート!願いが叶う幸せの言霊文字』
http://ameblo.jp/miraclekototamart/
============================