【残席わずか!】キース・ビーハンさん個人セッション開催8/13(水)まで!

英国SAGB元看板講師による
個人セッションあとわずか!

江原啓之さんも学んだ由緒ある英国スピリチュアリスト協会(SAGB)で昨年の11月まで5年間講師を務めていたキース・ビーハン(Keith Behan)氏が、現在来日中です。

SAGBはコナン・ドイルが会長を務めたことでも有名です。
現在は独立して活躍しているキース・ビーハン氏がまさに来日中。
英国でスピリチュアルリストとして活動するためには取り組みの姿勢や魂も非常に問われます。そのなかで、キース氏は、卓越したサイキック能力はもちろん、温かい人柄で高く評価されています。

皆さん、キースさんは何歳に見えますか!? なんと52歳です。
実際にも40歳前位にしか見えません。もちろん、お直しなんてしていません。スピリチュアルで突出している人は若く見える人が時にいます。彼もまたきっとその一人。エネルギーが回っているんですよね。

時に抽象的な指摘も後々わかることになるでしょう。また、具体的な質問を聞くことも可能です。もちろん、ミディアムの国からの使者ですから、お亡くなりになった方のメッセージを届けることはミッションです。

今週末には「ミディアムシップ」ワークショップを開催しています。そして、プライベートシッティング(個人セッション)も残すところ、あと3日になりました!

キースさんの個人セッションを受けた方々は、そのキースさんのリーディング能力の高さに驚くと共に、メッセージを今後の心の糧にされているご様子。

スピリチュアルの本場英国のミディアム講師による本格的なリーディングを、ぜひ堪能してくださいね!

■プライベートシッティング(個人セッション)60分
【日程】開催中~8月13日(水)  ※各1枠60分
【場所】株式会社エルアウラ 会議室

     東京都港区西麻布4-3-11 住友不動産泉西麻布ビル5階
【料金】通訳込 39,000円
お申込み・詳細は>>コチラ


<プロフィール>


キース・ビーハン Keith Behan
コナン・ドイルも会長を務めたSAGB(英国スピリチュアリスト協会)に昨年10月まで5年間講師として勤務。SAGBはあの江原啓之氏も英国留学中に学ばれたことで有名な格式の高いスピリチュアルスクール。キース・ビーハンはスピリチュアルの本場でも、由緒正しきスピリチュアルスクールの看板講師を務め、現在は独立して活動。
キース・ビーハンはミディアムでありサイキック。その正確なクレヤーボヤンス(霊視)、クレヤーオーデイエンス(霊聴)、クレヤーセンティエンス(霊覚)の卓越した能力に加え、温かく大らかで人を包み癒すような人柄で、厚い信頼と、高い評価を得ている。

Photo: Yoshie Kumahara