マンスリーメッセージ【2014年8月の流れ】~自分と周囲との距離

マンスリーメッセージ【2014年8月の流れ】~自分と周囲との距離

【2014年8月 今月の流れ】

こんにちは。サイキックチャネラー佐藤友美です。
今月は一年の中でも一番夏らしい時期ですね。熱中症などに気をつけてお過ごし下さいませ♪
お盆などで帰省される方もいると思いますが、楽しんでこよう♪と言う気持ちでお出かけ下さい。
夏を楽しもうという気持ちは、夏のエネルギーを充電する事になります。

さて、今月の流れですが、今月から今までの流れとは大きく変わっていきはじめます。
今までの流れは、自分をどう自分らしくしていくかや、自分とはどんな存在かを追求するような、そんな流れが来ていたのですが、ここから、そんな変化し始めた自分と、周囲の人との関わり方を見直していく流れが始まります。

それは、自分が自分らしく生きるという事を選択したり模索すると言う事は、自分のパートナーや周囲の人にも、同じように変化を許していく必要があるという事でもあります。

その変化が、何も問題を起こさずに全ての人と調和する時はそのままで良いのですが、自分の変化と周囲の変化がずれた場合、何かしら相手に対する気持ちの変化が現れるはずです。もし、今までのような関係を持続する事が難しいと感じる場合は、相手と話し合ったり、新たに距離を変えていくような努力をする必要があるでしょう。

それは、パートナーなどの話し合うべき対象であれば、今の自分がどうありたいかと言う事と、相手はどうしていきたいのかという事、それによって、行動等が今までと具体的に何が変わっていくのかということ。そして、それによって起こるであろう弊害について、柔軟に解決策を考えていくという事になります。

このような事を話し合うことは、自分の中にある相手へのルールを見つけ、手放す良い機会になります。それは、女性だからこうすべきだ。とか、男性だからこうすべきだ。親だから子供だから、パートナーだから……という思い込みになります。

実は、こうすべきだという思いは、自分の中では正しい常識になっていることが多いのですが、実は他人もそれを正しい常識として共有しているワケではありません。

単純に、「子供の時からそういった環境にいただけ」という事だったり、自分が欠乏しているものを満たそうとして相手に対して正当化して欲求しているだけと言う事がよくあります。

自分では常識だと思っていることが多いのでわかりにくいのですが、相手にストレスを感じる時は、このような事が問題になっているのかもしれないと考えてみるとよいでしょう。

相手の変化やありのままの姿を受け入れていくと言う事は、自分の器を拡げていくという事に繋がります。それは、さらにより良い関係性を築くことができるという事です。関係性は自分達の状況に合わせて新しく作っていいものなのだと覚えておいて下さいね。

これからやってくる、光の世界にはこうするべきという役割は存在しません。全ての人がやりたいことをやることで光輝き、調和する世界だからです。

また、私達日本人は、全ての人と仲良くやらなければならないと思っているところがあります。それは、決して間違った事ではないのですが、全ての人と同じ距離感で仲良くする事は不可能だという事を覚えておきましょう。

全ての人に同じ距離で関心や関わりを持って、全ての人と上手くいくのは100%ハートが開いている時だけになります。そんな事は人間である以上、なかなかできないのが普通です。

それを目指すことは大切な事ですが、全く波動の異なる人と無理につきあうことはないと言うことも、自分らしくある事で、誰かが自分を嫌いだといったとしても全く気にする必要はないのだと言うことを知っておいて損はないかと思います。

人に好かれるよりも、自分らしくある事を大切にして下さい。むしろ、自分らしくなればなる程、自分を嫌いな人がいるかもしれないと言う事に関心がなくなります。

光に向かっていく時代の中、変わっていくあなたと相手の関係が、変化と合わせてすばらしいものになるように願っています。

ということで、今月は【周囲との距離】を意識してお過ごし下さいね。
ありがとうございました☆

 

★information
私の初の著書『魂が喜ぶ生き方』発売しました。
私達はなぜこの地球に生まれ、生きているのかを知っていますか?そして私達はどこへ行こうとしているのでしょう。この本はそんなことをテーマにしています。人生に迷う方、ぜひ読んでいただければと思います♪