ダラけた私を脱却!!知性や成長を促すダークブルーで暑い夏を乗り切ろう!

ダラけた私を脱却!!知性や成長を促すダークブルーで暑い夏を乗り切ろう!

暑~い夏がやってくる!

夏になると、どうしてもダラけてきますよね。
別に怠けたいわけでも、ダラダラしたいわけでもありませんが、日本の夏は特に蒸し暑いので、どうも心身のエネルギーが奪われてしまうような気がしないでもありません。

家の中にいてもベットリとした汗が体から噴き出し、家事をする気にもなりませんし、とてもリラックスできる気分にもなれません。ベタついた身体で床に寝ころんだら、何だか惨めな気持ちにもなってきます。

かき氷やアイスクリームが恋しくなってしまう季節ですが、そういったものを食べ過ぎると、それこそ一気に体重が増えてしまいますし、お腹も壊してしまいそうです。エアコンをつけてもすぐには涼しくなりませんし、ずっとつけていると今度はエアコン特有の冷たさで具合が悪くなってしまう人もいると思います。もちろん、アイスクリームやエアコンが悪いわけではありません。私もアイスクリームは大好きですし、エアコンのない生活なんて考えたくもありません。

仕事やお買い物などで外出するときも、一歩外に出た瞬間に蒸し暑くて冷静さを失ってしまいそうです。暑くてダルくて、ぐったり猫背になっていたり、イライラして気が付いたら眉間にしわが寄っていたりしたら、健康美も無ければ、可愛さのかけらも無くなってしまいます。無意識のうちに、そういう人たちが遭遇してしまったら、それこそコミュニケーションもマイナス方向に進んでしまうかもしれません。

(さすがにそこまで酷くはないかもしれませんが、夏って少なからずそういうイメージがありますよね。夏が苦手な方の話ですが……)

さて、今回はそんなダラけてしまいそうな時期だからこそ役に立つカラーのご提案をさせていただきます。色彩心理の効果を取り入れることで、そのストレスから少しでも解放されたらと思います。

ダークブルー(紺)でダラけた私を脱却!

紺は黒に近い青です。漆黒の闇から爽やかなブルーへと変化する夜明けのようなイメージの色です。紺は青の要素もあるので、涼しげなイメージもあるため、暑さ対策には必要な色かもしれません。まずは暑苦しさを何とかしたい。これが夏の最初のホンネといったところですよね。

しかも紺は精神力アップの色でもあります。暑くてダラダラしている時に精神力アップは実にありがたいですよね。「心頭滅却すれば火もまた涼し」という言葉もありますが、心頭滅却のためにも紺は充分に役割を果たしてくれるでしょう。ちなみに、精神力をアップし過ぎ、燃え尽きて、それこそバテてしまうのではないかと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、紺は燃え尽きる程、気合と根性を引き出す意味合いはありません。紺は落ち着きの色でもありますので、暴走する心配はなさらなくて大丈夫です。

そして紺は誠実を表す色でもあります。暑いと、どうしても判断力も鈍り、優柔不断になってしまいがちです。だからといって、暑いから優柔不断になっても許されるわけでは決してありません。そんな時こそ、誠実な面をアピールできれば、コミュニケーションも円滑に運べますし、なんだかカッコイイですよね。

優柔不断ということばが出てきましたが、紺には物事をよく見るという意味合いもあります。夏はビジネスでも、恋愛でも、ひとつの大きなターニングポイントです。紺は直観力や洞察力もアップする色。暑さバテせずに、どんどん頭を快適に回転させて更なる高みを目指して下さい。夏は成長の季節です。如何に夏を過ごすかで未来は大きく変わります。

この色をどう取り入れるかはあなたの自由です。紺色のジャケットを羽織ってみるのも良いと思いますし、紺色のアクセサリーを身につけても良いと思います。それこそ、紺を取り入れることでインスピレーションが冴えてきて、より良い紺の取り入れ方が思いつくかもしれません。

暑さに負けず、爽やかに夏を乗り切りましょう!