スピリチュアル万華鏡 PART.2 スピリチュアル能力を高めるには、どうしたら良いの?

スピリチュアル万華鏡 PART.2 スピリチュアル能力を高めるには、どうしたら良いの?

メッセージを受け取る能力には個人差がある

今回は、スピリチュアル能力を高めていきたい方に、「能力を高める為に大切な事」をお話したいと思います。

人間は、手法とか知識が大好きな生き物です。スピリチュアル性を高める為に、勉強して、本読んで、一所懸命瞑想したり、いろいろと講座に出かけてみたり、たくさん努力している方もいらっしゃるでしょう。

人には生まれつきの傾向がありまして、始めから霊的才能が優位にある方、目に見える物を、しっかり信じていく、意識で捉える傾向が強い方に分かれます。どちらの傾向も長所、短所があります。

人間は、そもそも霊的な生き物なので、スピリチュアル能力は、誰にでも備わっているといえます。ただ傾向の偏りが「感じづらさ」につながってきますので、そこはちょっとした心がけが大切になってきます。

どんな方にもいえることなのですが、先ずは「土台づくり」が重要です。いくらスゴイメッセージや啓示がきても、受け取れる状態に自分がなっていなければ受け取ることはできません。ですから、「受け取れる状態」に周波数を整える、土台創りが一番重要になってきます。

スピリチュアル能力と食事の関係

クリスタルマリアでは、セッション中に、大天使ミカエル様がクライアント様へのメッセージとして、「食事、摂取するものに気をつけた方が良い」このようなメッセージを下さることがあります。
もっと直感を磨きたい、天使界、神々と繋がりたい!そう思っていらっしゃる方には、食事について特に多くのメッセージを発していらっしゃります。

外からだけではなく「内側も大切にね」そうメッセージをお渡しすることが多いものです。
スピリチュアルな方面に気持ちが向いてくると、自然と食事に変化が生まれてくる場合もありますが、「なんとなく分かっていたけれど、そこまで重視していなかった」そう思われる方も多いようです。食事については、心理学的観点から見ても重要で、食事摂取によって気持ちに変化が出やすいことは広く知られています。

ここからのお話は「栄養学」の観点からではなく、スピリチュアルな観点からお話しさせていただきます。例えば、牛肉や豚肉を過剰に食べると活動的、攻撃的、頑固になります。
動物の性質を波長(波動)として取り入れるので、自らも影響を受けることになります。四肢足の動物は人間の波長に近く、日本古来では、四肢足の動物を人間に近い神聖なものと見なしていた程です。

また、野菜を主に摂取するようになりますと、大地、水、太陽のエネルギーを摂取することになりますので精神性が高まってきます。スピリチュアル能力を高めたい時には、野菜主の生活に切り替えることが土台造りとして大切です。セラピストさんの中で菜食主義が増えていることも納得です。

そして、一番重要なのが「水分摂取」。
人間の体の7割を占める水分。体内の水が奇麗な水であることは、最も重要であるといえます。水は浸透性が高いので「負の感情」が水の波長に浸透しやすい性質もあります。
ですので、スピリチュアルな能力を高めたいときには、「奇麗なお水」を摂取することがとても重要です。

「奇麗な水を摂する = 体のエネルギー(波長)が高まる」
マイナス感情の浄化は、体内を良い水で満たす事で解消でき、奇麗な水で満たされた体内は高い波長を維持します。すると潜在意識からのメッセージや天使界、神様と繋がりやすくなってきます。

できれば酸素水か炭酸水がオススメです。
酸素が水分と共に体内を巡り、細胞が活性化する作用があるからです。

最近は、コンビニで「お水」「炭酸水」が飛ぶように売れています。それだけ精神性時代、スピリチュアルな時代になってきたことの現れでもあります。お水や野菜を意識的に摂取することで、スピリチュアルな能力が、グングン高まりますので、是非試してみてくださいね。