ソウルメイトを探し求めて どうすれば会えるのか PART.24

ソウルメイトを探し求めて どうすれば会えるのか PART.24

異性の好みは親から影響を受ける

動物の世界では、稀に親を亡くした子猫が犬の母親のお乳を吸っている様子をメディアで取り上げられていることがあります。生物とは不思議な生きもので、最初に眼にした物が親だと記憶するようです。

目が見えるようになったときに、母親の犬が捨てられていた子猫を自分の赤ちゃんだと思うぐらい愛情を注いでいれば、自然と子猫は犬のことを親だと思う現象は「すりこみ」という現象が大きな理由かもしれません。
しかし、目が開かないうちに捨てられた子猫だとしたら、子猫は犬以外の動物でも、親だと思い込んで後を追うようになります。

人間の場合はそれほどの影響がないとしても、生まれてから眼にするものは、非常に重要な影響力となって潜在意識に残されています。
その影響として現われるのが、異性に対する好みかもしれません。

通常は赤ちゃんが一番眼にするのは両親の顔なので、好みのタイプは男性であれば母親のイメージだったり、女性であれば父親の面影を持つ男性に思いを寄せる傾向があると言われています。結婚式で親族の写真を撮ったりすると、どことなく、花嫁の父親と花婿が似ていたり、花婿の母親と花嫁が似ていることがあるでしょう。

また、顔が似ていなくても、性格が似ていることもあります。それは、生まれたときに眼にした親というイメージが脳のどこかにインプットされているため、自分の親に似た人を好きになりやすいようです。このような異性に対する好みは、親から暗示された「別の自分」から形成されています。

「別の自分」とは、本当の自分ではなく、「こうあるべき」という「すり込まれた」価値観によって、「自分はこんな性格で、自分はこんなことが好きで、こうあるべきだ」というような、つくられた自分のことです。

「別の自分」が恋愛したり結婚すると、色々な問題が浮き出て来ます。
それは、男性は母親の面影を求めて夫婦生活をしていると、無意識に「どうして、こんな簡単な片付けもできないのだ。」と思ってしまうこともあるかもしれません。一方、女性は父親に対して抱いていた感情をそのまま夫に表現してしまいがちで、可愛がられて育った女性はわがままに振舞ってしまい、「何が悪いの?」と理解出来ないことも。

妻である女性は、相手を父親だと思ってしまっているため、何がいけないのか分からないまま、ときとして、甘えられる父親がいる実家で生活する方が居心地が良くなってしまうこともあります。

「こんなに私のことを愛していると言って結婚してくれたのに、私のわがままを聞いてくれない、満足させてくれない……」と、愛が冷めて別れてしまうことになりかねません。

また、母親から虐待をされて育った夫は母親に憎しみの感情を抱いていることがあります。妻に対して冷淡な態度を取ったり、暴力を振るったり、優しい妻もどうして夫が急激に何かの言動で変わってしまうのか分からなくなってしまうことあります。夫自身も心の傷を癒されないままいるため、思い悩んでいることもあるでしょう。

あなたと母親の関係は?

これは自分のせいではありません。無意識の「別の自分」が知らぬ間にそのような言動をとってしまっているのです。
その「別の自分」の行動パターンは母親からの態度の影響が強いようです。

■支配的な母親の場合
→ 服従、消極的、依存的、自発性、温和

■保護的な母親の場合
→ 社会性の欠如、思慮深い、親切、神経質ではない

■かまいすぎな母親の場合
→ 幼児的、依存的、神経質、受動的、臆病

■甘やかしすぎる母親の場合
→ わがまま、反抗的、幼児的、神経質

■服従的な母親の場合
→ 無責任、攻撃的、乱暴、従順ではない

■拒否的な母親の場合
→ 神経質、反社会的、乱暴、注意を引こうとする

■無視をする母親の場合
→ 冷酷、攻撃的、情緒不安定、社会的、創造力豊か

■残酷な母親の場合
→ 強情、冷酷、逃避的、独立的

このような傾向を感じる場合は、親の投影をしていると考えても良いでしょう。
しかし、依存と甘えは自己中心が原因なので、相手を支配したり困惑させてしまっては愛情も薄らいでいきます。

二人の愛が依存や甘えではなく、お互いが「自立」した自分を持ち、相手に対する思いやりを持つと協調関係を築くことができます。「別の自分」から「本当の自分を知ること」で、愛する人と付き合い始めた頃の、ウキウキした毎日を送ることができるでしょう。
ありがとうございます。

その他の記事はこちら

連載:ソウルメイトを探し求めて