食品偽装・農薬・添加物・産地問題~一体どんな食品を選ぶのが安全なの?~『選ぶならこっち!』

食品偽装・農薬・添加物・産地問題~一体どんな食品を選ぶのが安全なの?~『選ぶならこっち!』

一体何を選んだらいいの?

スーパーに行った時に迷うこと。
「日本産とオーストラリア産のお肉、どっちを買おう」「野菜は何県産がいいの?」「スーパーに売ってるパンって添加物が多いって聞くけれど……」。
製造工程での農薬や抗生物質、添加物、そして農産物の産地などなど、テレビや雑誌、ネットで問題になっている食品問題を耳にすると、もう何を信じたらいいのやら、何を選択するのが正しいのやら、混乱してしまいますよね。
商品も溢れ、情報も溢れているからこそ、本書では本当に正しい食品の選び方をご紹介します。

食品表示問題や食品添加物に関する提言でメディアに引っ張りだこの著者のスーパーマーケットに行く前に読みたい!食品選び本

●カルビよりロース
●米国産・豪州産牛より欧州産牛
●豆乳より牛乳
●マグロ・中トロより赤身
●ほうれん草よりサラダほうれん草
●焼きたてパンより包装パン
●黄身が濃い卵より薄い卵
●飲むヨーグルトよりプレーンヨーグルト 

あなたの食品選び、本当に大丈夫!?
生鮮食品、調味料、加工食品など、日常の食卓に欠かせない100品目超を○△×形式で検証します!

◎著者 垣田達哉(かきた たつや)
消費者問題研究所代表、食アドバイザー、食品問題評論家。食品問題のプロフェッショナル。 放射能汚染、中国食品、BSE、鳥インフルエンザ問題などの食の安全や食育、食品表示問題の第一人者として、テレビ、新聞、雑誌、講演などで活躍する。生鮮食品の実態や自給率問題、健康食品などの加工食品、食品表示偽装、JAS法の品質表示、食品衛生法の添加物や栄養表示、景品表示法の不当表示といった食品関連だけでなく、POSシステム、物流システム、バーコードシステムにも精通している。著書多数。

『選ぶならこっち!』
食品表示アドバイザー 垣田達哉 著
2014年4月刊行
定価 本体 1,400円+税