大天使のお茶の間スピ教室 「日常生活編:運動」

大天使のお茶の間スピ教室 「日常生活編:運動」

現代人の怠け癖がもたらす運動不足

今回は、「運動」についてミカエル君にチャネリング会話で聞いてみました。
僕:→シフォン
ミ:→大天使ミカエル君(ミカエル君は自分のことを「ボク」と言います)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

僕:「前回は睡眠という休憩に注目したから、今回は反対の動く事(運動)についてミカエル君の意見を聞いてみようかな。」

ミ:「あらゆるものは常に運動している。石のように動いていないように見えるものでも、原子レベルで確認すれば、激しく動いているのがわかるだろう。
そして、人間の細胞も自分では自覚がないけど、常に運動している。心臓なんかがわかりやすいね。
でもそれとは別に、人間も肉体を動かすと言う意味での運動は必要だよ。」

僕:「最近、運動不足でさぁ。」

ミ:「人間の活動の基本は、精神活動(思考)と肉体活動(運動)だ。それぞれが活動と休養を必要としているんだけど、現代人は肉体を動かす運動量が圧倒的に減っているね。」

僕:「いろんなものが便利になったからねぇ~。」

ミ:「便利なのはいい。肉体的に障害を持っていたり、病気だったり、老人などのことを考えれば、家電製品などの進歩は必要不可欠だろう。だけど、健康な人たちまでそれ(便利さ)に乗っかっているのはどうかと思うよ。
若く健康な者がエレベーターを占拠するかのように乗り、車いすの人がエレベーターに乗れなかったなんてケースをシフォンも見たことがあるだろう。
はっきり言えば、現代人は怠け癖がついているとボク(ミカエル君)は判断するね。」

僕:「それに関しては、僕も同感だね。」

ミ:「それでも自分の健康を考えている人達は自らの意志で運動をするけど、それも多くない。
運動(肉体活動)は、肉体エネルギーの循環だ。運動不足はエネルギーの循環不足につながる。血管が詰まるような病気が増えるのはそのためだ。
水は流れていれば腐らない。とどまっているから腐ってしまうんだよ。」

僕:「現代人には、どんな運動がいいとかあるの?」

ミ:「それも個人の体質や体力、生活パターンで異なってくるから一概には言えないね。
でも、共通しているのは、“歩くこと”がいいってこと。
歩くことは、スピリチュアル的にも“自らの力で前進する”という象徴でもある。その歩くことが少なくなって、しかも必要以上に道具(車など)に頼るのは、自分の力で前進するという意志が欠如した人に多く見られる傾向だよ。

現代は、肉体よりも精神を使う機会が増えた。子供の遊びも、体を使うことより、画面を見て指先しか使わないものばかりだ。
体を動かさないで食事だけ今まで以上に摂取するんだから、肥満や成人病になるのは当たり前だよ。
自分の身体でしょ。もっと真剣にメンテナンスした方がいいよ。

後で病気になって苦しむのは自分自身だ。
そして社会全体で医療費がかさみ、本当に苦しんでいる人達に国の援助がいかなくなるということも起きている。自分の身体を大事にすることは、ひいては社会を大事にすることにつながるんだよ。

スピリチュアルを学んでいると、精神論が増えていくし、肉体への興味が薄くなることもあるんだけど、今の君達は人間だ。魂と精神と肉体の3位一体だ。
その全部がバランス良くエネルギー循環していることで、『真の健康=幸せ』が訪れる。

運動そのものの楽しみはもちろんあるけど、もっと日常的に動く事を意識してごらん。心身ともにエネルギーが循環すると、それだけで幸せを感じることもできるからさ。
動けない時は別にして、動く意志がなくなったら、人間としての成長はストップしてしまうから気を付けてね。」

次回もお楽しみに。