ソウルメイトを探し求めて どうすれば会えるのか PART.23

ソウルメイトを探し求めて どうすれば会えるのか PART.23

魂を目覚めさせることで
ソウルメイトに出会えることができる

これまでの幾多の過去生で、ソウルメイトとは「愛」を育んだり、時としてその愛し方がお互いの心を傷つけてしまったりしています。
しかし、その愛の形はさまざまです。親と子の関係で子供に注ぐ愛、子供として親が老いたときに慈しむ愛もあります。また、社会的には不適ですが、愛人という立場で愛する人を支えることで過去生のカルマの解消をするために、あえて、困難な愛を貫く覚悟で生まれ変わった魂同士もいるでしょう。

理想はツイン・レイとして究極な関係になり、魂の繋がりの最終地点になることです。そうすると、以後この世に生まれ変わることもなくなります。
しかし、そこまでになると、男女の恋愛の関係ではなく、同性同士の場合もあります。その場合は、二人で世のため、人のために何かの活動をするぐらい高貴な目的を持って生まれ変わっています。

ツイン・レイやツイン・フレームの魂になるには、古い魂同士で神界に近い場所から生まれた魂たちでないと、現代の混迷や誘惑の多いこの地球に生まれ変わることは稀でしょう。

ツイン・ソウルと繋がると、最高の友や最高の恋人を見つけることができるでしょう。しかし、ツイン・ソウルの難点は自分自身に似すぎている双子の片割れのような魂のため、自分の魂レベルに合った人に引合わされます。

そのため、会ったときはお互い惹かれあい意気投合したりしますが、お互いが似すぎているため、上手く行かなくなることも多々あります。似すぎていると、相性的には大変好ましいのですが、魂の成長ができるかとどうかは二人の志次第になります。

二人の現世での目的の気持ちが強ければ、お互いの長所を尊重して上手くやっていけるでしょう。しかしながらどんな結婚でも、時が経つと相手の欠点に目を向けてしまいがちです。ツイン・ソウルの場合はとくに、その欠点を無意識のうちに示唆してしまうことがあります。

ソウルメイトに出会うために
あなたがすべきこと

通常結婚する相手とは、幾度もの過去生でソウルメイトの関係を経験しています。ですが、そのソウルメイトの存在は1人ではありません。生まれて来る前から自分の使命やカルマによって、どの人と結ばれることで自分の魂が成長できるか決めて来ているのです。

そのソウルメイトと出会うためには、あなたの魂を目覚めさせることが一番の近道になります。
しかしながら、魂を目覚めさせることは俗世界では容易なことではありません。

ストレスを溜め込んでしまいやすい現代社会で、自分自身で自分探しができる人はすでに魂を目覚める切符を手にしていますので、そのまま継続して「自分とは何か?」ということを追求し続けることです。

「ソウルメイトといつ会えるのか?」……その疑問に対する答えは、魂レベルにあった状態でやって来ます。ですから魂の成長を怠っている場合は、なかなかソウルメイトとの再会ができない状態で、いつまでも待ち続けることになります。

もちろん、相手の方も同じように、魂の成長をせず、俗世界の誘惑に惑わされているような状況だと、生まれて来る前に約束した魂との出逢うチャンスを逃がしてしまうことになります。

霊的な学びを通過しない限り、あなたの波動や霊的レベルを上げることが出来ません。
「人事を尽くして天命を待つ」……「人間の能力でできる限りのことをしたら、あとは焦らずに、その結果は天の意思に任せるということ」を意味しています。

もしもあなたが自分自身で魂の成長を試みるのであれば、この言葉を理解しておくと良いでしょう。
ありがとうございます。

その他の記事はこちら

連載:ソウルメイトを探し求めて