「私が本当に望む生き方って?」~ちょっとビターな等身大NYライフ『フランシス・ハ』

「私が本当に望む生き方って?」~ちょっとビターな等身大NYライフ『フランシス・ハ』

生き方に正解はない!

『イカとクジラ』バームバック監督がいきいきと描きだす
ちょっとビターな等身大ニューヨークライフ

ニューヨークを舞台に、モダンダンサーを目指すフランシスと、彼女を取り巻く奇妙な友人関係が実に巧妙なタッチでいきいきと描かれている本作。
監督は『イカとクジラ』(05)でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたノア・バームバック。自身が生まれ育ったニューヨークへの思いを再認識するために本作を撮ったそうです。
主題歌はデイヴィッド・ボウイの「モダンラブ」。
ヒロインがこの曲に合わせてニューヨークの街を疾走するシーンの躍動感が鮮烈な印象を残す話題の作品です。

アメリカで公開されるや否や、各メディアから絶賛の嵐!
☆“映画の奇跡!” ロサンゼルス・タイムズ
☆“これこそ私たちの映画!” ヴィレッジ・ヴォイス
☆“素晴らしくて、ロマンティックで、豊か!” ニューヨーク・タイムズ
☆“甘い喜びに満ちている” ニューヨーカー
☆“今年のベストムービーの一本” デイリー・ビースト
☆“最高に楽しい!たまらなく愛らしい!” ウォール・ストリート・ジャーナル
☆“素晴らしい!好きにならないなんて無理” ヴォーグ

私が本当に目指す生き方は?

NY ブルックリン。モダンダンサーを夢見る27 歳のフランシスは、親友ソフィとルームシェアをし、楽しい日々を送っていた。しかし、彼氏にフラれ、ソフィとの同居も解消、居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに。周りの友人たちが落ち着いていくことに焦りを覚えつつ、フランシスは自分の人生を見つめ直していく。

ノア・バームバック(監督・脚本)
1969 年ニューヨーク・ブルックリン生まれ。2005 年に監督した『イカとクジラ』でアカデミー脚本賞にノミネートされた。その他、脚本『ライフ・アクアティック』(05)、『ファンタスティックMr.Fox』(09) 、『マダガスカル3 』(12)。次回監督作はベン・スティラー、ナオミ・ワッツ、アマンダ・セイフライド出演『While we are young』。

グレタ・ガーウィグ(主演・共同脚本)
1983 年カリフォルニア・サクラメント生まれ。女優のみならず、監督・脚本業でも活躍。主な出演作は『抱きたいカンケイ』『ローマでアモーレ』。次回主演作はフランス人監督ミア・ハンセン・ラヴ監督『Eden』、バリー・レヴィンソン監督『The Humbling』、レベッカ・ミラー監督『Maggie’s Plan』と相次ぎ、引く手数多の旬の女
優となった。バームバック監督とは私生活でもパートナーである。

 

『フランシス・ハ』
(原題:『frances Ha』)
2014年9月上旬、ユーロスペースほか全国順次公開
(C)Pine District, LLC.

公式サイト:http://francesha-movie.net/
公式ツイッター:@francesha_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/francesha
配給・宣伝:エスパース・サロウ