感謝を表現して心の本質につながる。「ソウル・オブ・マネー」著者リン・トゥイストさん

リン・トゥイストさんインタビューPART.2
感謝を表現して心の本質につながる。「ソウル・オブ・マネー」著者リン・トゥイストさん

感謝の気持ちを相手に
伝えることで、心の本質につながる

Q:心から発生する本質に気づくために、私たちができることはありますか。

自己表現というのは、実は、愛の行動なんですね。
本を読んだり、セミナーに出たり、体験をしたり、先生から学ぶことなど、自分の本質とつながる方法は、何千通りもあると思うのです。
たとえば具体的に実践できる方法としては、感謝の意を表することでしょう。

数年前の話ですが、私の元にやってきたある女性の方は、16万ドルのクレジットカードの負債がありました。
借金を抱えていることは、彼女にとってとても苦痛を伴うことでした。
「私は借金を抱えている人だ」と、借金そのものになっていたのです。
ですから、どこに行ってもそれを背負って歩いて、借金が身体の一部になってしまっていました。
「どうしたらいいですか?」と彼女に尋ねられて、私はこう言いました。
まずは、借金の話は一週間一切出さないでおきましょう。
そして7日間に渡って、次のことを実践してほしい、と。
7日間で出会う全員の人、物も含めて全てに感謝し、高く評価できること、好きだと感じることを、毎日その相手に伝えるのです。

たとえばタクシーに乗ったら、運転手さんに対して、感謝を表現できるものを見つけて、降りる前に必ず本人に伝えること。

または、スーパーでのお買い物の会計で、店員さんに何か言葉を添えて感謝を表現すること。感謝の言葉だけでなくて「あなたは、こういう所がいいね」と。それを宿題にして、一週間後に再び彼女に会いました。

自分自身を取り戻したから
問題にも取り組むことができた

すると、彼女は本当に光り輝くような表情になっていたのです。借金はあるけれど、自分自身をしっかり持てるようになりました。
「私なんか…」という気持ちを手放し、割り切ることができたので、借金をどうやって返済しようかと、ゲームのように取り組むことができるようになり、2年かけて返済できました。自分を取り戻すことができたからこそ、借金に取り組むことができたのです。

この具体的な実践は、自分の本質とつながり、本当の自分を表現することです。それによって、状況にとらわれない幸福感を得ることができる。常にしっかりと、地に足がついていて、どんな状況も対応できるようになるのです。

~続く~ PART.3 あなたの「物足りない」は真実?

■バックナンバー

<プロフィール>
リン・トゥイスト Lynne Twist
 

世界的な活動家で資金調達の専門家。そしてコンサルタントでもあり著述家。NPO法人「ハンガー・プロジェクト」において、資金集めの責任者として活躍し、2億ドル以上もの資金を集める。40年以上にわたって多くの世界的な飢餓撲滅・熱帯雨林保護・女性と子供の健康と経済や社会的地位などの問題を解決する活動に中心的な存在として携わってきた。主な著書は「ソウル・オブ・マネー」。人々や組織がお金との調和した関係を築くための教育、支援などを行なっている。

<information>
リン・トゥイストさんに会える、講演&ワークショップ
■イブニング・レクチャー
日程:2014年5月16日(金)19:00~21:00
場所:代々木 山野ホール 料金:4,630円(税別)

■ソウル・オブ・マネーワークショップ
日程:2014年5月17日(土)10:00~18:00
場所:JMA渋谷 料金35,000円(税別)
詳しくはコチラ>>http://www.jma-inc.jp/lynne/