TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第41回 PART.1

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第41回 PART.1

TRINITY本誌で大人気連載だった越智啓子先生の「魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!」。
これまで44回以上連載し、越智先生からポジティブなエネルギーをいただいている読者の方がたくさんいらっしゃいます。本誌で読み逃した方にもぜひ読んで頂きたいと考え、これまでの連連載をTrinity WEBで改めてご紹介することに決定しました。

今回のテーマは「リラックス」。
そもそもリラックスってどんな状態のこと?
越智先生と一緒に考えてみましょう!

リラックスとは?

今回のテーマは、リラックスという素敵なテーマです。
まず「リラックスとは?」と、もう一度考えてみたくなります。英語のrelaxリラックスですが、緊張の対義語でくつろいだ状態を意味します。

皆さんにとってリラックスできるのは、どんな時ですか?
日常生活では、シンプルにお風呂に入ったとき、食後にゆっくりしているとき、大好きな音楽を聴いているとき、可愛い猫やワンちゃんと遊んでいるとき、自然のなかで散歩したり遊んだりしているとき、海をぼーっと眺めているときなどいろいろあると思います。ストレスが解消されて、ぼーっと出来て、素の自分に戻れることだと思います。

リラックス方法は、その人によって変わってきます。
ラジウムを発見したキュリー夫人は、難しい数式を解くことがリラックス方法の一つでした。

緊張の対義語盗用に、緊張を取ることが自分にとってのリラックスできることなのです。
簡単なワークで、両肩をグーっと上げて、ブルブルと震わせるぐらい緊張させて、ストーンと肩を落とすということを3回続けてやってみましょう!

ハイ~ブルブル、ストーン、やればやるほど肩がどんどんゆるまって肩のラインが下がってきます。ゆるゆる体操もリラックスにはぴったりです。
不安や緊張が強いときに、リラックスが出来ると身体をゆるめることができます。

私がはまっているリラックスは、アロママッサージです。すぐに爆睡してしまいますが、とてもリラックスしてフレッシュ出来ます。

温泉も最高です。心地よいお風呂も最高です。バラの花を浮かべるバラ風呂もぜひおすすめします。とてもいい香りがして最高に幸せな気持ちになります。
お風呂にバラ風呂用のバラをたくさんいただいて、そのまま韓国旅行に行ったことがありました。ちょうど泊まったホテルの浴槽がロマンチックな猫脚タイプだったので、お姫さま気分を味わえて、一石二鳥でした。
最高のリラックス体験でした。

キャンドルを灯すお風呂タイムでリラックスをする方もいます。揺れるキャンドルの火を見つめながら、瞑想状態になれるのです。瞑想ももちろん最高のリラックスが得られます。

~続く~

★『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』記事一覧

越智啓子先生
精神科医。東京女子医大卒。東京大学病院で研修後、ロンドン大学付属モズレー病院に留学。帰国後、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年「啓子メンタルクリニック」を開業。クリニックでは、過去世療法、アロマテラピー、クリスタルヒーリングなど自身の経験を活かした新しい療法を取り入れている。