怒りを感じた時の瞑想~ティクナットハン師が教える、感情との付き合い方

怒りを感じた時の瞑想~ティクナットハン師が教える、感情との付き合い方

怒りの感情には、まず
何も言わない、そして行わない

怒りを感じたときには、何も言わず、行わないのがいちばんです。あなたの心の怒りの種に水をやる人や状況から、意識をそらすべきかもしれません。その時間を使って、自分自身に立ち戻ってみましょう。意識的な呼吸と屋外での歩く瞑想を実践し、体と心を静めてリフレッシュしましょう。心が静まりリラックスしてきたら、あなた自身と相手、あなたの心に怒りをつくった状況を深く観ることができます。往々にして、ある人との関係において問題が起こるのは、あなた自身が受け入れられない自分の弱さの特徴が、その人にもあるからではないでしょうか。人を愛し自分を受け入れられるようになると、それがまわりの人たちにも広がっていきます。
怒っているときには、歩く瞑想がとても役に立ちます。歩きながら唱えてみましょう。

息を吸いながら 心に怒りがあることに気づく
息を吐きながら この感情が深いだと気づく

歩く瞑想をしばらく行ったあと、これを唱えてみましょう。

息を吸いながら 心が静かになる
息を吐きながら 私はじゅうぶん強くなり もう怒りの世話ができる

心がきちんと静まり、怒りから目をそらさず観られるようになるまでは、呼吸や歩みや美しい景色を楽しむことにします。しばらくして怒りがおさまれば、それを直視できるくらいに心が安定し、その原因の理解につとめ、怒りを根本的に変えていく取りくみができるというものです。

出典:『ブッダの幸せの瞑想』(サンガ)
著 ティクナットハン
訳 島田啓介+馬籠久美子

さまざまな瞑想法も学べる
5/10(土)ビジネスセミナー開催!

ティクナットハン師の教えを受け継ぐアジアの導師が来日し、すべての社会人に必要な人間力を養う1Dayセミナーを開催!(※ティクナットハン師の来日はありません)

内容は一日の行程がすべて瞑想。ご法話、食べる瞑想(昼食にはベジタリアン弁当がついています)、歩く瞑想など。自分自身のこと、周りのことを深く見る目を持ち、無意識から意識へと変革に導きます。

経済の世界でも、禅の学びが活かされようとしています。マインドフルネスをビジネスでどう活かすか。思いやりや他者への理解などが、ビジネスの成功と共生するものだということを皆様とシェアします。


アジア総代表のブラザーファプカムが到着されました!

1Dayセミナー「幸せになるビジネス〜コミュニケーション力の磨き方〜」
【開催日時】2014年5月10日(土)10:00〜17:00
【場所】東京グランドホテル 桐楓の間(キリカエデノマ)
【料金】15,000円
■お問い合わせ・お申し込み■
株式会社エルアウラ
Tel.03-5778-3290
http://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=933
※その他の来日・企画は、『微笑みの風』(http://www.windofsmile.com)をご覧ください

★バックナンバーを見る→連載記事:ティク・ナット・ハン師

Photo:Taisuke Yoshida