TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第40回 PART.2

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第40回 PART.2

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第40回 PART.2

TRINITY本誌で大人気連載だった越智啓子先生の「魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!」。
これまで44回以上連載し、越智先生からポジティブなエネルギーをいただいている読者の方がたくさんいらっしゃいます。本誌で読み逃した方にもぜひ読んで頂きたいと考え、これまでの連連載をTrinity WEBで改めてご紹介することに決定しました。

今回のテーマは「生き抜く直観&脳デトックス」。
脳のデトックスとは一体どのようなことでしょうか。
そしてそれができるとどうなるの? 越智先生に教えて頂きましょう!

脳科学者のスピリチュアルな体験

仕事に追われて何かをしなくては自分に価値がないという思い込に縛られていた生活から、一気に解き放たれて愛にあふれる宇宙に溶け込んで、寂しさがなくなり、大きく無限の海に解き放たれた魚のように泳ぎ回って自由を感じるようになったのです。

彼女が脳科学者で、しかも脳卒中になるというスペシャルな体験をして、右脳の機能である宇宙に広がって、限りなくみんなとひとつになるワンネスの世界まで感じることができたのは、とても意義深いものがあります。

私も精神科医として、わくわくして彼女のスピーチをyoutubeで観たり、本「奇跡の脳」を読んだり、彼女の世界を通じて、科学的なスピリチュアルの世界を堪能しました。

彼女が8年間かけて回復できたのは、右脳をもっと機能させることで宇宙に広がり、素晴らしい至福感を得られることを伝えたい一心だったのです。彼女の生き抜く直観にも感動しました。

彼女の奇跡的な体験を通じて世界中の人々に「これからは右脳が活性化してみんなが幸せになる時代ですよ!」と知られることが、人生のシナリオにちゃんと書かれていてスペシャルな体験が実現したのです。

右脳の活性化には?

では右脳の活性化にはどのような方法があるのでしょうか? 左脳のおしゃべりを止めることができるならどんな刺激も右脳を活性化できます。
左脳は実践的で、言語的で、自分は一人だと確認する孤独癖があります。つまり日常の悩みは左脳が活性化していると思っていいでしょう!

逆に右脳を活性化すると宇宙に溶け込んで、自分は一人ぼっちではないと感じることができて、例えようもない安堵感と幸せな感覚に満ち溢れてきます。生き抜く直観も溢れてくるのです。
そのためには、素晴らしい自然界の美しさに触れること、包まれることだと思います。

~続く~

★『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』記事一覧

越智啓子先生
精神科医。東京女子医大卒。東京大学病院で研修後、ロンドン大学付属モズレー病院に留学。帰国後、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年「啓子メンタルクリニック」を開業。クリニックでは、過去世療法、アロマテラピー、クリスタルヒーリングなど自身の経験を活かした新しい療法を取り入れている。