TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第35回 PART.1

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第35回 PART.1

TRINITY本誌で大人気連載中の越智啓子先生の「魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!」。
これまで40回以上連載し、越智先生からポジティブなエネルギーをいただいている読者の方がたくさんいらっしゃいます。本誌で読み逃した方にもぜひ読んで頂きたいと考え、これまでの連連載をTrinity WEBで改めてご紹介することに決定しました。

今回のテーマは「浄化と波動アップ」。
祓い清めて開運に導くためのとっておきの方法を越智先生が伝授してくださいます!

お祓いと浄化

今回のテーマが「祓いと開運」と聞いて、びっくり!
そして懐かしい気持ちになりました。とてもレトロで日本の戦国時代や江戸時代の庶民の気持ちを思い出します。

「祓い」と聞くと、まず大仏様の「すす払い」を思い出します。自分自身も住む家も「すす払い」をしてさっぱりとさわやかになりたいです。
そこからさらに「祓い清める」という素敵なフレーズも思い出します。今年2011年は(掲載当時)、まさに「祓い清める」年、浄化の年、統合の年でした。

地球が3次元から5次元に次元上昇するアセンションがてっきり来年の2012年の12月21日だとずっと思いこんでいましたので、実はマヤ暦の計算違いで本当は今年の10月28日だと聞いて、ひっくり返るほどびっくりしました。でも本当に10月28日が近付いてくると意識も身体もおかしくなって「素敵に変な状態」になったので、やはりこの時期に何かあると納得しました。

この原稿を前日の10月27日に書き始めたのも素敵なシンクロです。
しかもこのタイトル!
まるで大晦日のように家中を大掃除したくなりました。

お気に入りだった肌触りのよいガーゼの白いワンピースが、ほつれて破れて着られなくなったのに捨てられず断捨離を待っていました。それを切って雑巾にして綺麗に拭き掃除しました。床も窓ガラスもぴかぴかになりました。

大好きな服を雑巾にして、それで大好きな住まいを綺麗にするのは、とても楽しい作業でした。まさに断捨離と浄化を両方できました。

「ありがとう、ありがとう! これからもよろしくね!」と声掛けをしながら、楽しく拭き掃除をしました。やり遂げた後に残ったのは、すがすがしいさわやかさと達成感でした。
洗濯と掃除が好きなのは目に見えての変化と速攻の達成感です。
その場の波動が確実に上がっているのも実感できました。
これが、「ちり祓いは波動が上がり、運が開かれる!」ことだと体験できました。

~続く~

★『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』記事一覧

越智啓子先生
精神科医。東京女子医大卒。東京大学病院で研修後、ロンドン大学付属モズレー病院に留学。帰国後、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年「啓子メンタルクリニック」を開業。クリニックでは、過去世療法、アロマテラピー、クリスタルヒーリングなど自身の経験を活かした新しい療法を取り入れている。