「あなたはそのままでいいんだよ」の本当の意味とは?

「あなたはそのままでいいんだよ」の本当の意味とは?

「もっと、もっと」と
幸せを望み過ぎていませんか?

よく「あなたはそのままでいいんだよ」「そのままのあなたを受け入れていいんだよ」と最近よく耳に致しますね。その言葉をすぐに受け入れる方と、もっと精進しなければという思いから「そのままでいる事はいけません」と思われる方もいるかも知れません。
人は誰しも自分の事を100パーセント肯定できないのかも知れません。

だって優しい自分も意地悪な自分もいて、頑張る自分も、怠ける自分も、誰かを愛する自分も、誰かを憎む自分もいるので、「そのままで良いよ」と言われても、きっと戸惑う人が多いのでしょう。

「引きこもって仕事もしていなくて親に迷惑を掛けているのに、このままで良いとは思えない。変わりたいのに変われない」とある方に言われた事がありました。
今、自分の現状に満足している人は世の中にどれくらいいるのでしょう。きっと人は誰もがもっと上を目指し、もっと幸せを目指し変わりたいと思っている事でしょう。

今の自分を許してあげると
そのままの自分ではなくなってくる

でもね、もっともっとと思っていても、今という現状は何も変わらないのです。
「あなたはそのままでいいんだよ」は「あなたはそのままでいなさい」という意味ではないのです。

自分が置かれている嫌なことも、受け入れられない現状も、一旦、今の自分を許してあげましょうという事なのです。許しは誰かのためにある訳ではなくて、自分自身を認めてあげる為にあるのです。

認められない今の自分を一旦許してあげることは、そのままの自分ではなくなってきます。そのままでいる事が出来なくなるので、結果、もっと自分が望む理想の自分に近づくことになるのです。

今の自分を認める
魔法の言葉を言ってあげよう

何かを変えたいと思われるなら、今の自分に一度OKをだして「そのままの〇〇ちゃんでいいんだよ」と自分自身に言ってあげる事が大切な事だと思います。
自分で自分の名前を呼んで「〇〇ちゃん、大好きだよ」。
そういう事はとても恥かしい事だと思うかも知れませんが、実は自分を根底から変えていく「魔法の言葉」なのです。

どうぞ今日から声にだして 自分の体の耳に聴かせてあげて下さいね。
「〇〇ちゃん、大好きだよ」。
1週間も続けていると、あなたのなかで何かが変わってくるはずです。