知らないうちに嫌われている!これに気づかないと大ピンチ!~「口元の歪み」は心の歪み~

知らないうちに嫌われている!これに気づかないと大ピンチ!~「口元の歪み」は心の歪み~

春ですね。新しい出会いが溢れるこの季節、とてもワクワクしますよね。でも、もしかすると人見知りなのでワクワクというより、ドキドキ緊張して冷や汗かいてしまうって方もいらっしゃるかもしれません。アナタはいかがでしょうか。

人見知りではなくても、相手がどんな人か知るまでは色々と気を使いますよね。どんな風に話し掛けようかとか、こんなこと聞いて大丈夫かなとか。でも、接していくうちに「この人、見た目より優しいな」とか「思っていたより頑固だな」とか人物像が徐々に変わってくる場合もありますが、これは嫌われていないのが前提条件です。できれば、爽やかに思われたいのが人情ですよね。

第一印象は顔の表情で決まる

「第一印象」とは、物事や人に接したとき、最初に受けた感じのこと。「メラビアンの法則」によると、第一印象はほんの3~5秒で決まってしまうそうです。「あ、どうも。こんにちは…」とか言っている間に印象って出来あがってしまうということですよね。人見知りの人だと、オドオドしている間に印象が固まってしまうということですよね。また、第一印象から受けたイメージのほとんどは視覚的情報、すなわち「見た目」だそうです。メラビアンによると「見た目」が55%、「話し方」(聴覚情報)が38%で、話の内容などはほとんど印象に残らないようです。

見た目といっても服装や髪型など様々ありますが、やはり何よりも先に目に映り込んでくるのは顔ですよね。顔と言っても顔の形状が美系かどうかというだけの問題ではありません。もちろん美しい形状に越したことはありませんが、安易に整形をするのは危険ですので、思いとどまって下さいね。

表情で最も意識したいのが口元

人の印象は見た目、特に顔が大事だという話をしました。顔というのは、すなわち表情のことです。もちろん、日々のお肌のお手入れや可愛く見えるメイクも大事かもしれませんが、どんなに美肌でもバッチリメイクでも表情に問題のある人は本人が気づいていなくても実は致命傷になっているのです。

一番印象が良いのはもちろん笑顔です。さわやかに白い歯をチラッと見せてにこやかに微笑めば男性でも女性でも好印象間違いないと思います。ところで中には笑顔が苦手という人もいると思うのですが、口元、ひんまがっていませんか?

人は基本的に自分の顔は見えません。つまり自分の表情がどういう印象を相手に与えているか把握しきれていないのです。

口元が歪んでいると嫌われ顔になる

たまに、顔の形状が美しくファッションもオシャレなのに残念な人がいます。性格に問題があるかどうかはメラビアンの法則だけでは何とも言えませんが、少なからず残念な印象を持たれたら「また会いたい」とは思われなくなってしまいます。最悪な場合は「この人、何で悪態ついているの?」と思われてしまうかもしれません。しかも短時間の間に。そういう人は、よくよく観察してみると、喋っている時の口の動きが変なのです。笑顔以前の問題ではなく、口がひんまがっている率が比較的高い気がします。これでは、どんなにキレイな言葉を使ったところで、一気にイメージダウンしてしまいます。

アイドルや政治家などで叩かれている人も、「口がひんまがっているけど、ホントは性格悪いんじゃないの?」と思われているようです。実際に直接対面して時間をかけて分かち合えるなら良いですが、そうではない場合、口がひんまがっているだけで、人生がマイナスに向かってしまうのです。

「私、そんなこと、今まで一度たりとも言われたことない!」と誇らしげに思ったかもしれませんが、逆に言うと言って貰えないのです。知らず知らずに「関わりたくない!」と思われて、ひんまがり子さんの元から去って行ってしまうのです。

もし、これが無意識的な習慣になっているとかなり危険です。あなたが悪い人では無かろうと、実は良い人であろうとも、口がひんまがっているだけで悪人と思われてしまうのです。もちろん心に何らかの闇を抱えていたら口もひんまがりますが、そうではない場合は早急に対策が必要です。人はたったこれだけで人に与える影響力の意味合いが変わって来ます。あなたの口元、大丈夫ですか?