自分自身の潜在意識と深く対話するためのツール【ボイジャータロット・カード】~PART.2

自分自身の潜在意識と深く対話するためのツール【ボイジャータロット・カード】~PART.2

大アルカナ・カード10番のFortune(運命の輪)のカード

カードリーディングで大切なことは、遊び心と質問力

カードに対して問いかける質問によっては、引いたカードの意味がまったく読み解けないときもあります。それに対してEmyさんは、「カードリーディングをするときに大切なことは、遊び心と質問力ですよ」と教えてくれます。さらに、「自分自身で答えを出すことを恐れたり、ためらったり、カードに頼ろうという依存心があるとダメなんですね。まずは考えたり、感じたりして答えを自分なりに出してみる。そこで、このアイディアはOK?というような聞き方をすれば、カードは必ず答えをくれると思いますよ!」これには、一同納得の表情。

実際に「この悩みについて、どうしたらいい?」と丸投げするような質問をすると、「依存してはダメだよ!」という意味を示すカードが出たりもするし、また、使いこんでいるうちに仲よくなってきて、カードが手になじんできたり、コミュニケーションをとりやすくなったりもするとのこと。

個性的なカードの表情は、見ているだけでも楽しい

カードの表情は、見れば見るほどとても個性的で、それぞれにいろいろなメッセージがこめられているのがわかります。みな印象的ではあるのですが、あえてレッスンの中でとくに心に残ったカードを1枚ピックアップして紹介するとすれば…、大アルカナ・カード10番の【Fortune(運命の輪)】かなと思います。これは木星と関連があり、豊かさを象徴するカード。情熱はすべての富と結びついているので、『危険や失敗を恐れずに情熱に従ってどんどん行動しよう。チャレンジするだけの価値はあるのでは…?』という、とても前向きな力強いメッセージが込められています。

このカードの面白いところは、中央に黒人の女王様のコラージュがあり、この女王の発するメッセージは、『富や財宝を得るためには自分の持っているものすべてを差し出し、無償で与える』という意味があるそう。それは、『手放せば、そこに新たなものが入ってくる』ということなんですね。

逆にいえば、『今持っているものを手放したくない!』、または自分だけのものとして取っておいたりして、いつまでも固執して手放さないでいると、『豊かさを受け取るチャンスを逃してしまうよ!』という意味ではないかと思うんです。
とても深淵なメッセージが、そこにあるような気がしました。

そこでペアを組んでのリーディングは、このカードにちなんで、『受け取るため』に、『自分が与えられるものは何?』というテーマでカードを引くことになりました。

私が引いたカードは、大アルカナ・4番のエンペラー(皇帝)のカード。このカードは男性的なエネルギーを持ち、リーダーシップを発揮することに関するカード。まさに私はリーダーシップは今世の課題であり、学ばなければならないものだという自覚があるので、妙に納得してしまいました。また、夢を実現させるという意味もあるカードなので、自分が夢をつかみ取ることで、まわりにも勇気を与えるという形で貢献できることもあるのかな、などと解釈してみました。

個性的なリーディング法と深淵なメッセージ

さらにレッスンが進むと、面白いリーディングの仕方が登場してきます。カードの引き方にはいろいろあるということですが、中でも興味深いな、と思ったのが『ヒーローズジャーニーリーディング』と、『私は誰?ゲーム』。

『ヒーローズジャーニーリーディング』は、まず質問を決め、それに対して現状のカードを引いてみます。さらに進むべき方向は?と念じながらカードを引き、学ぶべきことのカードを引きます。途中は省略しますが、最後にはカードのアドバイスをどう生かすかや、アドバイスの通りに行動したらどうなるか?という答えを求めてカードを引いていきます。こうしていくと、まるでカードと対話をしているかのような気持ちになるから不思議ですね。

『私は誰?ゲーム』はまた違った面白さのあるリーディング法です。まさにゲーム感覚で人数の多いグループで、一緒にカードを楽しむのに最適です。まずそれぞれ人数分のカードを選んで、その中から参加者それぞれへ1枚ずつカードを手渡します。自分の手元には、参加者それぞれが自分に選んでくれた数枚のカードが来るわけで、どんなカードが自分のところに来るのか、また最後に、そのカードからのメッセージをみんなで読み解いてみるなどの楽しみもあり、とても盛り上がったリーディングでした。

カードと仲良くなる“ヒケツ”について質問すると、毎日カードを引いてみることだと教えてくれました。レッスン終了後の今も、自分の決断が正しいのかな?とか、2つの選択肢からどちらを選ぶのがよりよいのかな?などと疑問に感じたときは、どんどんカードを引いてみるようにしています。

さらに、ボイジャータロットとの正しいコミュニケーションのとり方について、Emyさんはこんな風に説明してくれました。「カードで出た答えにそって、まずは行動してみることがとても大切。行動したことで道に迷ったら、そこでまたカードを引けばいい。それによって先が見えてきますよ。またボイジャータロットを生活の一部として利用しつづけていると、人生の転換がどんどん早くなってきます。やるべきことや進むべき道、解決すべきことなどがわかってくるので、心強い相棒としてぜひ活用してみてくださいね!」

そうなんです。まさに、ボイジャータロットというカードは、行動を促すツール。失敗を恐れずに、どんどん行動していくことが大切なんですね。躊躇して、いつまでも同じ場所にいては同じ景色を見つづけるだけ。行動する勇気やチャレンジしてみる勇気・・・、それは人生にはいつでも心がけていないといけないことだと思います。

これからもボイジャータロットとの仲をますます深めて、行動する勇気、失敗する勇気、そしてまた立ち上がっていく勇気、さらに実行するためのヒントなど、もらっていけたらいいなと思います。

◆ボイジャータロット・ジャパン
http://www.voyagertarotjapan.com/

★バックナンバーはコチラ