TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第37回 PART.3

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第37回 PART.3

TRINITY本誌で大人気連載中の越智啓子先生の「魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!」。 これまで40回以上連載し、越智先生からポジティブなエネルギーをいただいている読者の方がたくさんいらっしゃいます。本誌で読み逃した方にもぜひ読んで頂きたいと考え、これまでの連連載をTrinity WEBで改めてご紹介することに決定しました。 今回のテーマは「未来創造メソッド」。 みなさんは、未来は創ることができると信じていますか? これからの時代は、その意識を持つことが大きなポイントになります。

クリスタルと龍のコラボ

びっくりの小見出しが登場してきました。クリスタルと龍? でもよく考えたら、龍は水晶玉を手に持って空を自由に飛んでいます。クリスタルと龍と言っても違和感はありません。 終の棲家として創った「天の舞」の屋根のてっぺんにも、ピンクのインカローズのようなローズクォーツの大きな玉が乗っています。一万五千年前のアトランティスでは各家庭にピラミッド型のクリスタルがアンテナになって、宇宙エネルギーを取り入れて生活していました。天の舞では龍を呼ぶためにも球体のクリスタルを3個設置しています。 そのおかげで、たくさんの龍たちが集まって乱舞しています。ちょうど話題の2012年を迎えました(掲載当時)。しかも辰年です。龍が目覚める年として決まっていたかのようです。 2012年からすでに龍が蘇り、ペットのように龍を飼いましょうとみなさんにおすすめしてきました。ちょうど同じ頃にブータン王国のイケメン国王も来日され、「心に龍を育てましょう!」と、被災地の小学校で、素敵な提案をしてくれました。しかも龍のえさは「体験」だと素敵な答えに奥深い意味を感じました。 そして2011年7月21日に、沖縄の国頭村で珍しい自然の自信があって震度4でした。それまで龍の尻尾だった沖縄が龍の頭になるまでまるで琉球王国の蘇りのようにパワーが全開しました。 それに合わせたかのように、琉球王国の最後を描いた小説「テンペスト」が舞台化、そしてドラマ化され、それをもとに3Dの映画にもなって、ちょうど2012年の4月12日から地上波でもドラマが再放送されています。 同じ頃、佐渡で朱鷺の雌が3羽孵って、まさにトキ来たり、朱鷺来たり、ベストタイミングです! 龍の目覚めは、私たちのスピリチュアルなパワーの目覚めです。 四次元、五次元、六次元へと異次元への架け橋を担ってくれる龍を呼び起こすことは、予定通りなのです。 それにはクリスタルがスイッチになります。クリスタルのブレスやペンダントを身に付けて、龍を飼いましょう! 新しい流れに乗りましょう! 地球の細胞であるクリスタルが「トキ来たり!」と目覚めて、私たちの霊性を刺激し、活性化し、大きな宇宙の変化の波を楽に乗り越えられる応援をしてくれます。龍はその乗り物として便利なのです。 しかも「龍、よろしく!」と呼びかけると最高の天気を演出してくれます。日常でお試しください。 ~続く~ ★『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』記事一覧 越智啓子先生 精神科医。東京女子医大卒。東京大学病院で研修後、ロンドン大学付属モズレー病院に留学。帰国後、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年「啓子メンタルクリニック」を開業。クリニックでは、過去世療法、アロマテラピー、クリスタルヒーリングなど自身の経験を活かした新しい療法を取り入れている。