困難な時を救う。「すべてをあずける瞑想」~ティクナットハン師が教える瞑想法

困難な時を救う。「すべてをあずける瞑想」~ティクナットハン師が教える瞑想法

自分の内なるブッダを
よりどころにする

危機や困難に直面したときや自分を見失ってしまいそうな気持になったときは、すべてをあずける(帰依する)瞑想を行ってください。あわてたり絶望に落ち込んだりせずに、自分の中にある自己治癒の力、自己理解の能力、慈しむ力に信頼をおきましょう。これをあなたが非難することのできる「内なる島」と呼びます。その島には安らぎ、信頼、安定、慈しみ、自由があります。あなたは自分の内なる島になってください。それを他のどこかに探す必要はありません。

だれでも安全で守られていると感じ、静けさと落ち着きが欲しいものです。混乱し、圧倒され、苦しむばかりの状況でも、自分の内なるブッダをよりどころとする実践をしましょう。あらゆる人の中には仏性の種―落着きと理解と慈悲があり、内なる安全な島に帰る能力があります。それゆえに私たちは人間性と安らぎと希望を保つことができるのです。このように実践していけば、私たち自身が安らぎと慈愛の島となり、まわりの人々はそれにならいたいという気持ちになることでしょう。

「すべてをあずける瞑想」実践法

どこにいても自分自身に帰れるように、この偈(げ※日常的な活動をしながらマインドフルネスの実践を促す短い詩のこと)を活用しましょう。

息を吸いながら 内なる島に帰る
美しい木々が茂る島
涼やかなせせらぎが走り
鳥と 陽光と さわやかな空気の満ちる島
息を吐きながら 安らぎを感じる

人間を、大洋をゆく小舟にたとえてみましょう。もし嵐がやってきてみんなが大騒ぎになれば、小舟は転覆してしまいます。でもその中にひとりだけでも落ちついている人がいれば、他の人びとは影響されて静まります。

そして乗り合わせた全員の中に希望が生じます。そうした災難のさなかでも落ちついている人とは一体だれのことでしょうか。私たちの一人ひとりがその人になりえます。私たちはおたがいを頼り合っているのです。

出典:『ブッダの幸せの瞑想』(サンガ)
著 ティクナットハン
訳 島田啓介+馬籠久美子

さまざまな瞑想法も学べる
5/10(土)ビジネスセミナー開催!

ティクナットハン師の教えを受け継ぐアジアの導師が来日し、すべての社会人に必要な人間力を養う1Dayセミナーを開催!(※ティクナットハン師の来日はありません)

内容は一日の行程がすべて瞑想。ご法話、食べる瞑想(昼食にはベジタリアン弁当がついています)、歩く瞑想など。自分自身のこと、周りのことを深く見る目を持ち、無意識から意識へと変革に導きます。

経済の世界でも、禅の学びが活かされようとしています。マインドフルネスをビジネスでどう活かすか。思いやりや他者への理解などが、ビジネスの成功と共生するものだということを皆様とシェアします。

1Dayセミナー「幸せになるビジネス〜コミュニケーション力の磨き方〜」
【開催日時】2014年5月10日(土)10:00〜17:00
【場所】東京グランドホテル 桐楓の間(キリカエデノマ)
【料金】15,000円
■お問い合わせ・お申し込み■
株式会社エルアウラ
Tel.03-5778-3290
http://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=933
※その他の来日・企画は、『微笑みの風』(http://www.windofsmile.com)をご覧ください

★バックナンバーを見る→連載記事:ティク・ナット・ハン師