「左脳的スピリチュアル~人生に奇跡を起こす魔法を手に入れる~」PART.16

「左脳的スピリチュアル~人生に奇跡を起こす魔法を手に入れる~」PART.16

1.スピリチュアル的「三位一体」

スピリチュアル関連の本を読んだことがある方は、目にしたことがあるかもしれません。願いを叶えるために必要なこと。それは、「思考」「感情」「行動」を1つにすることです。初めて読んだ時『ん?どういうこと???』といった感じでした。

私と同じように『???』となった方もいらっしゃるのではないでしょうか。頭で考えると『?』となることも頭を使わずにシンプルな状態でいると、とても分かりやすいことが理解出来ます。

「一願成就」を謳っている神社やお寺が結構あります。これは文字通り、「1つの願いを叶えます」というものですが、「一生のうちで1つだけ願いを叶えてあげよう」というものではありません。まずは、「1つの願いに集中しましょう」という意味です。

オラクルカードでも、これに近いメッセージを授かることがあります。オラクルカードでは「一願成就」とは出て来ません。「意図を明確にしましょう」という形でメッセージが授けられます。

私達には様々な願いがあります。仕事でも成功を収めたいし、お金も欲しいし、信頼出来る仲間やパートナーも欲しい。健康でもありたいし、人生を楽しみたい……etc.こうした沢山の願いがあることはいけないことではありません。
でも、一度に全部を一気に叶えようとするというのは……。エネルギーが分散して、全てが中途半端になってしまいます。

「一願成就」も「意図を明確にしましょう」も同じで、「叶える順序を決めましょう。何から叶えていきますか?」という意味なんですね。一つのことに集中する大切さを説いているものなんです。

一つのことに集中するというのは、何も念を込めるということではありません。1番に叶えたいことを決める。これが「思考」です。そして、叶った時にどんな気持ちになるのかを出来るだけリアルに想像する。これが「感情」。ここまで出来たら、後は直感を信じて行動する。勿論、これが「行動」です。

これらを実現するために必要なことは、「今を生きる」ということです。何かを願うと決め、宣言したとしても、心ここにあらずでは叶うものも叶いません。念を込める必要はありませんが、叶えたいことに集中するのは、とても大切なことです。集中しなければ、叶った時にどんな気持ちになるのか、どんな感情が湧いてくるのかもリアルに想像することは出来ないでしょう。

また、『どうせ、叶わないでしょ』なんていう気持ちで願っても同じことです。更に、願いを宣言し、感情をリアル体験出来ても、その後に訪れる直感を信じることが出来ずに一歩を踏み出せなければ、願いを叶えることは出来ません。自分の願いを叶えるのは、いつでも自分です。自分以外に自分の願いを叶えてくれる人はいません。

天使(宇宙)は、アドバイスやメッセージを直感を通じてもたらしてくれるだけで、そこから先はあなた次第。そのために、自分への愛や敬意、自信が必要になってくるんです。

『自分のために願いや夢を叶えたい!』

まずは、ここからスタートしてみましょう♪

2.「心」を込める

アロマ
最近、「心」を込めて何かをしたり、言ったりしたのはいつですか?いつでもそうしていますか?それは、とても素晴らしいことですね。でも、日々の忙しさに紛れて、何となくしたり、言ったりしていませんか?

「心」を込めるというのは、集中することでもあります。他には何も考えず、「心」で向き合うということ。ペットを飼っている方は分かりやすいのではないでしょうか?人と向き合う時とペットと向き合う時の自分、違いませんか?私は、ペットを飼っていませんが、動物や植物、石と向き合う時は無意識ですが、「心」で向き合っていますが、人だと「心」で向き合っていないこともあることを感じます。

願いや夢を思う時、発信する時は、必ず「心」で発信してください。肯定宣言であるアファメーションを唱える時も同じです。違うことを考えながら、心で、または口に出してアファメーションを唱えても何の意味も効果もありません。

自分が唱える事柄、言葉に意識を集中して、「心」を込めて唱えることで初めて、アファメーションにも力が宿ります。何をするにも「心」を込めることを意識してみてください。毎日少しずつ何かが変化していくかもしれません。

そんな小さな変化に気がつきながら、自分自身の変化も楽しんでみてください。