3月17日、乙女座の満月~自分のために時間を与えてあげましょう

3月17日、乙女座の満月~自分のために時間を与えてあげましょう

3月17日はおとめ座の満月

聖パトリックデイは、アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日です。
カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日です。アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統があるのだそう。シャムロック(クローバー)を服につけたり、ミサに行ったりするそうです。

緑色の物を身につけて祝う日なので「緑の日」グリーンデイとも呼ばれています。

グリーンはハートチャクラの色。
ハートは愛を受け取り与えること、許し、手放し、感謝、感じること、気づき、受け入れることなどと関連するチャクラです。3月17日はハートの日とも言えますね。

また3月17日2時8分は、乙女座の満月でもあります。
私たちの心と体は、月のリズムに影響を受けています。

海は月と太陽の引力の影響を受けて満ち引きを繰り返すため
満月の日は潮の干満の差がもっとも大きくなります。

体の70%が水である私たちも、同じように、満月の日はいつもより心が波立ちやすくなったり、
無意識の深い部分にある想いが上がってきやすくなったりするときです。

エネルギーが高まり、吸収する力もベストになるので、クリスタルの浄化にもいいときです。
月光浴させてあげましょう。

乙女座のキーワードには以下のようなものがあります。

整理整頓、実務能力、知性、細やかさ、正確さ、誠実さ、勤勉さ、責任感、注意深さ、奉仕、冷静さ、堅実さ、責任感、几帳面さ、繊細さ、秩序、分析力、詳細、完璧主義、批判精神、心配、癒し、事務能力、自分を脇に寄せて他者をケアする、実用性、現実的、良心、純粋さ、愛情、思いやり、統合、フラウンディング、洞察力

おとめ座の人は、細やかな心配りができる優しさを持っています。
几帳面な完璧主義を持ち、優しさと生真面目さ、乙女のような細やかさを兼ね合わせた人です。

おとめ座の人以外もこの夜はみんな自分のために時間を与えてあげましょう。
自分に愛を与えることにより、愛をみんなにわかちあっていくことができるようになるでしょう。

おとめ座のボトルは
B11 クリアー/ピンクの「チェイン・オブ・フラワー(花の鎖)/エッセネボトルⅠ」です。

「ラブレスキュー」とも呼ばれているこのボトルの大きなテーマは、「自分を愛すること」。
自分を判断したり否定したりせず、無条件の愛を与えていくということが大切です。。

まず「自分を受け入れること」から始めてみましょう。「自分を愛せない自分」も、否定せずに受け入れてしまうのです。そこから一歩ずつ自分をケアし、愛していくことを学んでいきましょう。

このボトルに対応する「強さ」のカードには、女性がライオンの口を開かせる絵が描かれています。

愛に勝るものは何もありません。
愛が何よりも強いのです。
本物の愛は、百獣の王ライオンさえも手なづけるほどの強さを持っているのです。