『幽』怪談実話コンテスト大賞を受賞した気鋭の新人、オペラ沢かおり著書『怪運★マニア』

『幽』怪談実話コンテスト大賞を受賞した気鋭の新人、オペラ沢かおり著書『怪運★マニア』

幸福を求めて猪突猛進!
それが「怪運」のはじまり……!?

誰しもが抱く「幸せになりたい」、そんな思いが著書のオペラ沢かおりさんが開運の道へと目覚めたきっかけ。10代のころに「なぜ自分だけがこんな目に?」と疑問を抱くようになり、ありとあらゆる占いや運命について調べていくとある答えに辿りついたのです。

「人の運は性格と習慣によってつくられる」

運を変えるために始めたのが、現在でも生活で実践されているという気学(きがく)だそうです。
気学では、生まれてきたときの地球の気の配置でその人の運を決定するといわれ、また人間の運気を大まかには9通り(一白水星~九紫火星)に分類し、そこから細かく分類された人たちの行動を分析して作り出された統計学です。

オペラ沢さんはこの気学による「開運」を始めたことによって、意外な「運」がついてしまったのです!

動物園でカピバラが話しかけてくる!?
これが「怪運」パワー

本書はオペラ沢さんが「怪運」に目覚めて体験したことをまとめたエッセイ。
「奇妙なできごと」、「怪しい人たち」、「変な場所」、「不思議な夢」と
それぞれのテーマにまつわる不思議な出来事が紹介されています。

動物園で帰り際に「また来たらいいじゃん」と語りかけてくるカピバラや留守番電話に残されている老人からのメッセージ、お盆にかえってくる愛猫……。

ちょっとこわいけどクスっと笑える話が満載!

よくある日常的な風景の中で著者が体験した実話型の怪談話。とびっきり不思議なわけではないけれど、それが読者を納得させる要素のひとつかもしれません。また、風水の話題もたくさん含まれているので、これまで風水に縁がなかった人でも読み終わったころには自然と知識が身につきます。一話ごとのボリュームは少ないので、少し時間があったときに手軽に読めるのも本書の魅力でもあります。また、たびたび動物が登場してきますが、出てくる動物たちの「そのまま」な様子が愛らしい。

こわい話が好きな人、こわい話が嫌いな人、風水が好きな人、動物が好きな人……どんな人でも楽しめる一冊です。

【著者プロフィール】
オペラ沢かおり(おぺらさわ・かおり)

東京都生まれ。大学卒業後、フリーランスのライターとして風水をはじめとする占い実用本からタレント本、行動経済学、脳科学の本まで、ジャンルを問わず幅広く手がける。幼少期より「運」に興味を持ち、気学や風水などの運命学を独学で学ぶ。2012年、オペラ沢かおり名義で執筆した不動産にまつわる怪談「痕跡」で第4回『幽』怪談実話コンテスト大賞受賞。共著に『怪談実話コンテスト傑作選 痕跡』がある。不思議な話やこわい話、趣味の運気予報を載せたブログ「PINKIE’S EYE」(http://www.pinkieseye.eek.jp/)を09年より発信中。

『怪運★マニア』
著者:オペラ沢かおり
定価:本体1200円+税
出版社:KADOKAWA メディアファクトリー