SAM前世療法士が贈る「魂の記憶たち」PART.23~巫女さんのスピリチュアル恋愛事情~

SAM前世療法士が贈る「魂の記憶たち」PART.23~巫女さんのスピリチュアル恋愛事情~

魂の声を聞くことに特化したカウンセリングを行っている癒しのマリアです。
「SAM前世療法が魂界と彼女の恋愛を繋いだ」
とっても心温まる、感動のセッションをご紹介します。

恋愛に対して、奥手な理由とは?

クライアントNさんは、アートセラピーを手がけるバリバリの画家さんです。
アートのこととなると、時を忘れて没頭する前向きな精神が強い方。
なのに、何故か?恋愛となると、とっても消極的。

恋愛に関しては奥手の奥手で、好きな人を避けて、逃げてしまう程に奥手なのです。
「アートに関しては、何が何でも達成する」
でも
「恋愛に対しては、避けに避けて自分らしくない」
このギャップに悩まれ、癒しのマリアにお越しになられました。

端から見れば、甘酸っぱいともとれる恋愛の悩みですが彼女にとっては奥深い悩み。
「今後どうしたらよいのか分からない」
そんな心情を抱えてご連絡頂きました。
私はNさんと以前から知人でもありましたが、最近は全く連絡をとっていなかったので
「どうしているかな?」
なんて思っていた矢先のご予約でした。

Nさんには、思いを寄せる好きな男性がいます。
彼も絵を書かれているのですが、お話を伺った時から、2人の関係に、何やら強烈な魂の結びつきを感じていました。

彼は、大切なお父様を亡くしていて現在は一人暮らし。
「俺、結婚出来るのかな?」
そう、ぽろりと話されていたこともあるそうです。
彼自身も、恋愛に奥手である兆候。
彼は、とっても亡きお父さん思いの清純男性なのです。

SAM前世療法を行う

Nさんに、まず箱庭を作成して頂きました。
そこには大きな山と群がる水脈。
そしてカラー石を山に飾り、頂上には菊紋を描いていました。

意識を深めていくと、まず未浄化霊の憑依がありました。
その未浄化霊のことを聞いていくと、なんと彼女が思いを寄せる「彼のお父様」でした。
お父様は、急死されていました。
「大切な息子さんが心配で今まで傍にいた」
しかし、
「今後はNさんに息子をお願いしたい」
今まで、大切な息子さんを見守り応援し励ましていたお父様。

Nさんの彼を思う真剣な思いを目の当たりにし、自分は、戻るべき世界に戻る時期が来た事を悟られたのでしょう。
「お父様の思い、Nさんに、しっかり伝えますからね」
私は、込み上げる涙をこらえ、光の世界よりお迎えを呼びました。
足下から悪寒のようなバイブレーションが走り、無事に亡きお父様は戻るべき世界へ旅立たれました。
そのとき、彼女の目頭からは涙が滲んでいました。

その後は、すんなりと魂状態へと向かい、「現在のNさんに影響を強く与えている人格」を呼びました。
訴えを上げた人格は現在でいう「巫女」でありました。
富士山に関係する場所で、巫女として生きたことを前世人格は告げていました。
「月」を通じ先祖からの啓示を受けたり、神様からの啓示を受けたり。
32歳で亡くなるまで水に入り修行していた。
そう教えてくれました。

秋山:「あなたは巫女さんですから男性とは縁を持たなかった」

前世人格:「はい」

秋山:「では恋愛をしてはならない。あなたは男性を避けていましたか?」

前世人格:「はい」

秋山:「あなたの生まれ変わりであるNさんは、恋愛において避けてしまう衝動が強いのですが、あなたの御心ですか?」

前世人格:「はい」

現在、Nさんを巫女であった前世人格が強く導いていました。
ゆえに、恋愛において避けてしまう衝動が強かったのです。
セッションでは前世人格に今生の恋愛観をお話しし、彼女の思いを応援して頂けるようお願いしました。

秋山:「あなたは神様から啓示を受けていたのですから、高い霊的才能があるはずです。」

前世人格:「はい」

秋山:「Nさんがもっと啓示を受けて絵が書けるように、あなたの霊的才能を解いてもいたい。」

前世人格:しばらく間をおいて「はい」

その後、魂の治療集団よりスピリットヒーリングを送って頂き、前世人格が抱えた思いを緩和しました。

セッション後のNさんより

彼のお父様が私に憑依していたなんて。
お父様が出てきたとき、身体がゾワゾワして重かったです。
昨日の夜、変な夢を見たのです。
知らない男の人が私の携帯電話を「貸せ」と言って貸しました。
ちょっと強引で怖かった。
あれは夢で彼のお父さんが何か知らせてくれていたのですかね。
セッション中、赤い絨毯と、私と彼のウェルカムボードがイメージに浮んでいました。
もしかして「結婚」。
「私とっても嬉しいです」
お父様は、私と彼を繋いでくれている気がします。
今後どうなっていくのかが楽しみ。
私の前世人格が巫女さんだったなんて。
私は、水の音が好きで良く手を洗うのです。
だから、ついたあだ名がアライグマ。
そういえば、お風呂でインスピレーションが湧く事が多いです。
これも巫女さんの記憶からだったのですね。

彼女は、仕事のこと恋愛のこと。
SAM前世療法にて、たくさん勇気を貰って帰っていきました。