TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第31回 PART.3

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第31回 PART.3

TRINITY本誌で大人気連載中の越智啓子先生の「魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!」。
これまで40回以上連載し、越智先生からポジティブなエネルギーをいただいている読者の方がたくさんいらっしゃいます。本誌で読み逃した方にもぜひ読んで頂きたいと考え、これまでの連連載をTrinity WEBで改めてご紹介することに決定しました。

今回のテーマは「スピリチュアルセックス」。
スピリチュアル的に「セックス」はどんな意味を持つのでしょうか?

結婚とセックス

私も、はずみで2回結婚しました。最初の夫は、過去生でエジプト時代の恋人でした。二人目の夫は、インディアン時代の妻であり、ギリシャ時代の父親でした。

結婚・離婚・再婚を繰り返すのも、いろんな時代の続きをやっていたと思うと、離婚への不必要な罪悪感が解放されます。

最初の結婚では、身体の欠点をいろいろ言われて、セックスが上手くいかないことへの罪悪感を持ちましたが、夫を変えると、相性がぴったりで、夫の浮気癖が奇跡的に治ってしまうほどでした。
そのおかげで自信がついて、セックスも自分も、もっと好きになることができたのです。セックスも相手によって大きく変わってくるのですね。

ロンドン大学の留学時代に、セックスセラピストの女性と仲良くなって、いろんな治癒の話を聞くことができました。
彼女のおかげで、セックスについてさらにオープンに話せるようになりました。
そのときの話は、セックスレスのケースや結婚できないケースの場合にとても役立っています。
人生一切無駄なしです!

~続く~

→バックナンバー

 

越智啓子先生
精神科医。東京女子医大卒。東京大学病院で研修後、ロンドン大学付属モズレー病院に留学。帰国後、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年「啓子メンタルクリニック」を開業。クリニックでは、過去世療法、アロマテラピー、クリスタルヒーリングなど自身の経験を活かした新しい療法を取り入れている。