ペットを飼うということ~命を預かり、共に生きていくために大切な「十カ条」

ペットを飼うということ~命を預かり、共に生きていくために大切な「十カ条」

ペットを飼うことは、命に責任を持つこと

動物を飼う前に知っておいて欲しいことがあります。
犬、猫、動物は玩具でも、ぬいぐるみでもありません。
ペットショップで買ったからと言って、えさをあげないで放置したり、子犬、子猫のときだけ可愛いという理由で、大人になった犬猫を捨てたりしないで下さい。
もしも、飼えない理由があるならば、最初から、飼わない選択をして下さい。

多くの親は、育てられないという理由で、子どもを捨ててしまうことはないでしょう。
多くの親は、可愛くないという理由で、子どもを育てないことはないでしょう。
多くの親は、金銭的に余裕がないからと言って、あなただけに食事を与えなかったということはなかったでしょう。

捨てられた犬猫は、飼い主や里親を探せないときは、殺されてしまいます。
あなたが寂しいとき、側に居てくれた犬や猫が、あなたを癒してくれたことを思いだしてください。
捨てるのならば、どうか里親を探してください。

お願いです。
もう一度、お願い致します。
あなたが捨ててしまった犬達は里親が見つからないときは、殺されてしまいます

 

「ペットの十カ条」

ペットを飼う時に必ず知っていていただきたい、「ペットの十カ条」をご紹介します。
あなたは、以下をしっかり認識したうえで、ペットを飼っていますか?

【ペットの十カ条】
1.私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
私のことを飼う前にどうかそのことを覚えておいてください。

2.あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って下さい。

3.私を信頼して下さい。それだけで私は幸せです。
あなたには他にやることがあって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。
でも、私にはあなたしかいないのです。

4.私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

5.時には私に話しかけて下さい。
たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけている、あなたの声で理解しています。

6.あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って下さい。

7.私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて下さい。
私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。

8.私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて下さい。

もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。
それか、もう身体が老いて、弱ってきているのかもしれないのです。

9.私が年をとってもどうか世話をして下さい。
あなたも同じように年をとるのです。

10.最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。

あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして、どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。

 

ただ、「可愛いから」「寂しいから」という気持ちでペットを飼うのはやめましょう。
「命を預かる」という、その責任をしっかり認識しなければ、ペットとの信頼関係も構築されません。